M1 Macで動作確認できたDAW達一挙紹介

M1 Macとは?

M1チップを搭載したMacのこと

このMacの特徴はインテルシリーズとは異なるということ

いよいよ本格的にインテルCPUからM1チップへ移行期に入りました

さて、初となるM1 Macで動作確認できたDAWはどれか?

ご紹介していきます👍🏻


動作確認できたDAW一覧

Logic Pro X

完全なるネイティブ M1対応にしてCore i9と劣らない爆速動作を確認😳
さすがApple製DAW👍🏻

Studio One V5.1

一通りの制作における不憫さはなし👍🏻

書き出しにまつわる機能周りの速度が遅い?
ただし、書き出しはちゃんとできるので実用可能

Cubase 11

Groove Agent SEは音色ロード時にクラッシュします😓
その他の機能は今の所バグはちらほら見つかるものの動く模様
動作もカクカクしている??
一応動きますがまだ●よりの▲かな?

FL Studio 20

FL Studio 20は普通に動きました💡
公式にはあまり情報があがっておらず、上記のDAWと違いしばらくアプデがきてないですがw
EDM波が終了しているので、現時点で初めての人が選択するDAWではない気がしますが一世を風靡したことがあるということで♪


近々対応?


Liveはもうすぐ11が出るため保留

対応してきたとして、Pushがどうなるかは多くのLiveユーザーが気になるところ

とにかくM1 Macは外部接続機器に厳しい()

Liveユーザーさんは慌てないようにゆっくり情報を待ちましょう💡


まとめ

主流DAWはM1 Macでとりあえず動く💡

ただし、Cubaseはカクツク😓

こんなところでしょうか?

Protoolsは当面未対応発表したので実験に加えませんでした

各種DAWについての詳細をどんどん追いかけていくのでお楽しみに♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です