BFDで有名なfxpansionを Catalinaの入った新しいMacに入れ替える方法

fxpansion製品を新しいMacに入れ替える方法

Macの場合入れ替え方は二種類

一種類目は古いMacから新しいMacへ「移行アシスタント」を使ってアプリごと転送するだけ♪

この方法はほとんどのプラグインで適用できるのでおためしあれ♪

二種類目はOSクリーンインストールしたMacにfxpansion製品を入れる方法

今回は二種類目のほうをご紹介♪


FX License Manager

今のfspansion製品は極めて簡単😳

FX License Managerを入れてログインするだけ💡

こちらからログインしてDLしてください♪

すると?

ログインすると製品名が表示され、自動的にオーサライズが始まります

BFDの場合は続きがあり、

サンプルライブラリの選択画面へ遷移可能です💡

画面左下のSearch Folderを押して前のMacで保存していたHDD/SSDのライブラリフォルダを選択するだけ💡

ただし、前のMacのOSが入っているドライブにそのままサンプルをインストールしてしまっている場合はそのサンプルフォルダをFX License Manager起動前に新Macの内臓SSDにコピーしておく必要があるので注意

サンプルはDLし直すと膨大な容量なので可能な限り前のMacのサンプルデータを新Macへ移すことをお勧めします♪


まとめ

fxpansion製品はCatalinaに対応済み💡

今のfxpansionは非常に簡単にインストールやオーサライズできるようになっているので気軽にMac乗り換え可能といって良いでしょう♪

BFD4も待ち遠しいところではありますが、ドラム音源は完成されてる感があるためBig Surへの対応をしてくれればGOOD😊

以上、ご参考になれば幸いです♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です