初音ミク NT まさかの脱ボカロして2020年夏新製品販売へ💡 詳細お届け!

初音ミクとは

ボーカロイドといえば初音ミク

というくらい有名な歌詞とメロディを入力すると歌ってくれるソフトウェア
正確に言えばボーカロイドという歌わせるエディタに初音ミクという歌声がついているセット販売ソフトウェアのことを指します💡

現在はV4が最新版となっています⬆️

そして表でいきなりまとめておきます💡

エディタ名メーカーライブラリ
VOCALOID(ヤマハの商標登録名でもある)ヤマハVYシリーズなど
2020年NT用Piapro Studioクリプトン初音ミクなど

※初音ミクV4まではヤマハのVOCALOIDエディタ機能を使い初音ミクを歌わせていたがNTでは初音ミク販売元のクリプトンが専用エディタを提供する形に変更しVOCALOIDから脱退、脱ボカロ化する


ボーカロイドとは?

正しくはヤマハが商標登録を持ち販売するVOCALOIDというソフトウェア名で歌声をエディットすることが可能💡

ヤマハ自体もVYシリーズなど歌声ライブラリを作っていますが爆発的なヒットしたのは他社が制作した初音ミクという歌声ライブラリですね👍🏻

現在の最新版であるVOCALOID5は公式サイトで購入できます

このボーカロイド、1から4まではソフトウェア制作元のヤマハとキャラクターボイスデータのセット販売だったりボイスデータのみの販売だったり展開が豊かで、VOCALOIDエディタを持っていれば他のキャラはボイスライブラリだけ購入すれば良かったりというメリットもありました

ところがVOCALOID5の登場により、ヤマハの作った4〜8人のボイスバンクとエディタセット購入しかできなくなっており、今までのように好きなVOCALOIDキャラの歌声に対してエディタのみを提供しなくなってしまったのです

V3、V4のキャラクターボイスデータはV5で読み込み可能ではあります

そして価格

VOCALOID5 STANDARD ¥27,500
VOCALOID5 PREMIUM ¥37,400

参考価格として初音ミクV4はエディタ付きで¥16,000あたり

そうなんです

欲しくもないキャラボイスを買わされて+初音ミクのボイスデータ別途購入という恐ろしく高い商品に成り果ててしまったのです😱

VOCALOID5 STANDARD + 初音ミクV4 = ¥43,500

4万円あったらそれなりに良い音楽機材買えますね😓


初音ミク NT とは?

そこで登場したのが初音ミク NT

初音ミク NTは2020年夏発売予定
2019年12月25日よりダウンロード製品の予約受付を開始

NTは何がすごいかというと?

カスタマイズされた歌声表現技術/ボイスライブラリー/ソフトウェア・インターフェイス/ボイスエフェクターが組み合わさった、初音ミク・パッケージ💡

つまり、ヤマハが提供するVOCALOIDを使用せず独自に初音ミク用エディタを作ってしまったという訳です💡

新しいボーカル・エディタ「Piapro Studio」は歌詞とメロディを打ち込んで表現スタイルを選択するだけで発声のキレやスタッカート/レガートの具合、ピッチの動き方など歌い方の基礎が設定可能

新開発のボイスエフェクターで可愛らしい歌声、切ない吐息声から、怒り声やガラガラ声、デスボイスの表現が可能

初音ミク NTの「Piapro Studio」について
スタンドアロン版(Windows/Macintosh対応)
プラグイン版(AU/VST)
が付属

500種類以上の楽器を収録した音楽制作ソフト「Studio One」がセットでついてくるため『初音ミク NT』を購入するだけで、すぐに歌作りと音楽制作可能

初音ミク NT セット内容
▽ Piapro Studio(ピアプロスタジオ)
▽ Studio One APE
▽ PreSonusソフト音源
▽ MUTANT VSTi版(Windows版のみ)
▽ SONICWIREボーナスサンプル

気になる価格は?

通常価格:¥19,800(税込)優待価格:¥15,400(税込)

※『VOCALOID2 初音ミク』『初音ミク V3』『初音ミク V3 バンドル』『初音ミク V3 ENGLISH』『初音ミク V4X』『初音ミク V4X バンドル』『初音ミク V4 ENGLISH』 『初音ミク V4 CHINESE』持ちは優待価格購入可能


初音ミク NT は何を引き起こすのか?

ここからは考察

初音ミク NTは完全にVOCALOIDから分離してしまいました
VOCALOIDはヤマハの商標登録
VOCALOIDエディタを使用するにあたり各歌声ライブラリ販売会社はヤマハにVOCALOIDエディタ使用料金を支払っている可能性が高そうですね
初音ミクをはじめ、その他のキャラがほとんどV5版を出さなかった理由がちらほら見え隠れしています😓

NTは価格面で見ると1万円代で自分の歌を歌ってくれるソフトが買えるというボカロの原点に戻りつつ歌の表現を進化させてきています

ヤマハ特有な商法によるVOCALOID V5の登場によりVOCALOID自体に陰りが見えた中、もう一度大ブームがくるかどうかの瀬戸際

予約購入すると3月中旬にプロトタイプ版が先行使用できるので、その時の使用者さんの評判を見て考えてみるのも良いかもしれません💡

さて、今回のNTでリブートできるかどうか😳

来年の音楽機材、ソフト回りの変化による反応は大変興味深いところです‼️

以上速報をまとめてお届けしました♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です