macOS Venturaの標準アプリに嬉しい機能♪

macOS Ventura

今秋登場のmacOS Ventura

まずは今回も脱インテルしなかったことが特徴です

M3あたりから完全な脱インテル化となるのでしょうか?

Intel版の主力と思われるモデルである下記の対応がヒントかも

Mac mini 2018以降
MacBook Pro 2017以降

どのMacシリーズも2016モデルは全部未対応

このパターンのままだと、完全シフトはまだ先なようにも思われますが…


気になる機能

標準メールアプリ、ついに予約機能がつくようです💡
これは本当ありがたい機能😊

ステージマネージャという機能は使用しているアプリをグラフィカルに表示する機能
この機能はiPadにも搭載されるようです
MacBook系やiPadにとってかなり強力な機能な予感💡

iPhoneのカメラをケーブルレスでウェブカメラ化できる機能
これに関してはMacBookにiPhoneを備え付けるアクセサリがどんどん出そうですねw



iPad VS MacBook加速する?

ついにiPadもマルチモニター機能がつくとのことで、iPadのノートPCっぽさ感がどんどんでてきました!

MacBook Airまでで考えた場合、小さなサイズでM1 8GB 11インチのiPad Proという選択肢が突如現れることに?

まさしくユーザーの使い方次第になってきました

MacBook Proで比較した場合、14-16インチの新モデル待ちが望ましいかもしれません
が、それほどのスペックが必要なのかを考える余地も出てきてしまいます


あとは世の中の状況次第

今回の価格設定はかなり高め

経済の不安定さからくるさまざまな現象によってかなり高いように見えてしまいます…

この点からワンチャンiPad Proが候補に上がる可能性ありなんです

iPad Proは本当アプリ次第なところがあり、音楽の観点から見ても業務使用に耐えうるDAWがアプリとして登場すれば脱Macも大いにありうるのです

逆にホビーユースでの音楽作りならGarageBandは十分すぎる機能です

iPadOSとmacOSの違いを見せるためにもプロユースはmacOSとしたいでしょうし、音楽クリエイターとしてはモバイル性が強いほど感性を磨く時間に充てられるため○

じわじわと着実に進化していくAppleのデバイスたち
今年も来年も目が離せないですね♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です