iPad VS MacBook 2021年前半戦結果

MacBookの進化が止まらない

棲み分けは確実にあると思われる両者ですが、ここにきてMacBookシリーズはBig Surにて大体のiPadOSアプリを動かすことができるようになりました💡

iPadでしかできないことというものが減り、MacBookでしていた続きをiPadで、iPadでしていた続きをMacBookでということがOS単位でサポートされたこともあります😳

例えばメール文書を途中までiPadで書き、途中からMacBookで書く、その逆もしかり
このようなシームレスな作業をOS単位で搭載しているため保存してどこどこから開き直してといった動作がいらない

各アプリでの作業をiPad/MacBookで切り替え可能なときは上記右上のアイコンが表示されている

iPadはMacBookのサブ画面になれるし、サブ画面ではApple Pencilも利用可能

MacBookにとってのiPadは大変価値のあるものへと進化したわけです💡


iPadの利便性

さて、iPadの利便性はなんでしょう?

まずその直観性から「描く」関係にやたら強い‼️

フォトショップのような作業も強く、ペインターのようなイラストにも強い

メール、ブラウザでの検索、計算機(純正はまだないけど)、メモ、カレンダーがDockに入っていれば何かのアプリと画面分割して同時表示したりレイヤーで重ねて表示できる

このあたりの作業はMacBookでも似た動作が可能なものの、さっと見ることができる感覚はiPadのが強い💡

他人に見せるといった動作もiPadならではです👍🏻

そして音楽的にはLogic Remoteとかいう化け物アプリが存在し、これなしにLogicを触るのとは雲泥の差
触った瞬間トップオブザDAWであることを認識できるはず…


ふたつのデバイスは融和していく

MacBookとiPadはどちらかがあれば良いというより二つ揃ってひとつという融和に進んでいる気がします🧐

片方で事足りることもあるとは思いますが、移動の連発ならiPadのがフットワークが軽く、カフェなどでがっつりならMacBookもいける

両方なら自宅でがっつりクリエイティブなことができるしサブ画面にもなるから別途ディスプレイいらず

昔と違いどちらかを使わなくなるということはないのではと感じます😳

Apple Pencilだけは別格で絵心がある人のみ持ってると最強グッズという感じかなと


まとめ

というわけで2021年前半はまさかの二つ持ち最強説が生まれました💡

iPadのみで完結している人にとってMacBookは要らないかもだけど、MacBookを持っている人にとってのiPadは拡張ツールとなるため超お勧めです👍🏻

ご参考になれば幸いです♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です