AVID「DADman」がBig Sur対応

DADmanとは?

Pro Tools | MTRXおよびMTRXStudioを動かす際、
Digi Linkとは別にLANケーブルにてPCと接続しなければならず、
接続時の各種端子アサイン設定を行うアプリが「DADman」

ちなみにLANケーブルは付属していないので別途用意が必要です😇


Intel製CPU搭載Macのみ

なにかと話題のM1搭載Macは2021/4/23時点で未対応

現時点では、Intel製CPU搭載MacにおいてProTools 2021.3 以降、DADman(version 5.4.5)以降よりBig Surに対応となっています💡

インテル製Mac miniは現状のレコーディングスタジオベストバイとなるため、M1シリーズを購入するのは控えましょう😓

さらにはMTRXシリーズがLANケーブルを必要とすることと、LAN HUBでは安定運用しにくいことからLAN端子のついたMacが必要となります

これら条件をクリアするのはiMac、Mac mini、Mac Proとなるのですが、AVID自体がかなりMac mini推しなので素直にMac miniが安全牌な気がします

上記Pro Tools | HDX Thunderbolt 3 Chassis Rackはガチで最強😳


ついにBig Sur基準

音楽制作の世界もついにBig Surが基準となったと思って良いでしょう💡

一番遅れていたCubaseも2021年4月にCubase 11 シリーズの最新アップデート V11.0.20によってmacOS Big Sur(Apple シリコン搭載 Mac、Rosetta 2 環境)に対応しました👍🏻

今回の各社対応は全体的に早い気がします😳

ただし、M1版Big Sur にネイティブ対応している状況ではない

ややこしい言い方ですがApple純正Logic以外はまだまだM1を活かして使えない

そう思ってよいでしょう


まとめ

DADmanも対応し、Protools HDXはBig Sur(インテル製Macのみ)で動作させることが基準へシフト👍🏻

まぁ、実はCatalinaに対応しているDADman自体も普通にBig Surで動いていたんですがw

M1登場による音楽業界における機材変化が激しくなっているので日々情報を取得してくださいね♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です