macOS Monterey 12.6+MシリーズでDTM謎バグ多発+解決方法

MIDIインターフェイスが正常認識されないパターン

まず発生を確認したのがこれ

macOSシリーズの特定バージョンでたまに発生している印象ですが、12.6は確実に発生しているっぽい

しかも認識されないというわけではなく、認識はするけれどMIDI情報の送受信ができないといった変わったバグが発生


解決方法は旧バージョンだとUSBの繋げ直しかMIDIインターフェイスの電源入れ直しでよかったんですが、12.6の場合はMac再起動が必要となります


オーディオインターフェイスが正常認識されないパターン

これはまだ一機種しか確認できていません

そう、今や自社のブランド価値を下げることとなった「Symphony Desktop」

電源が入っており、DAWのインプットアウトプットにも認識されている

ドライバを読み込み直しても…

音が出ない

斬新ですね🧐

今までに遭遇したことのないパターン

解決策はMacの電源を入れ直すこと一択のみ

DAWを終了させ、再起動もNG
DAWを終了させ、Symphony Desktopを再起動してもNG

でした

このトラブルパターンから、macOSの挙動が怪しいと考えています


MontereyとDTMの関係

微妙に不安定ですね…

Montereyで動かなくなったプラグインもありますし、無理に上げる必要自体ないのかもしれません

そうこうしているうちに、macOS Venturaが10月に登場予定

このOSで動かないアラートが12.6でガンガンでてきます

なんとRME製品のドライバも対象😳

RMEのことなのでmacOS Ventura公開から1-2ヶ月程度で対応ドライバを出してきそうですがDTM的には見送りが吉

これからMacを新品導入する人ならMontereyが動く今がチャンス

2022年11月以降の新品MacはmacOS Venturaがプリインストールされ、ダウングレードできないので要注意です


まとめ

現状安定しているように感じるのはIntel Mac + Montereyです

とかくMac mini Intel版 メモリ64GBは現状最強のDTMマシン

Mシリーズはまだ16GBメモリなのとほぼRosetta2で動かすパターンであり、Mシリーズである意味がないのです

それゆえなのか、公式でも未だIntel版が新品発売されています

中古Intel Macを持っておくのも良いかもしれません!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です