MIDIデータとかいう今ほどまともに作りにくいものはないデータについて

MIDIデータ

DAWを使って音楽制作している人ならなんとなく聞いたことがあり、なんとなく使っている機能でもあります

すごく簡単に言えばMIDIは演奏情報

オーディオデータと違い音そのもの(波形)は含んでいないため、再生する環境によって音色が変わったりします


よく使われるのは?

MIDIデータをよく使うことがあるとするなら、音楽を作る人同士のデータやりとりでしょう

ガレージバンドからMIDIを書き出して別のDAWを使っている人に渡したい

こんなパターンが一番多いかと



ガチな人は?

ガチなMIDIデータとは、演奏情報でいうところのコントロールチェンジやらピッチベンドやらを埋め込みまくっているデータ

しかもそれをまともに書き出せるDAWとなるとかなり搾られます

業務用DAWでMIDIに強いのはDigital Performer

その他のDAWはMIDIとオーディオの融合化によって境界線がわかりにくくなってきています

よって、まともなMIDIデータを書き出すのに苦労するか書き出せないかとなります

こんな時に強いのがWindows 10

Music Studio Producer / Standard / Independence

という随分昔に作られたDAWでStandardを選択した場合は無料

これの最大の特徴はガチ業務レベルのMIDIデータを作成書き出しできること

弱点は書き出しに失敗することが稀にあること(MIDIデータがまれに欠損することがある)


業務用MIDIデータを作るならレガシー

Windows 11以降どうなるかは未知

現状WindowsならXPくらいまで遡ってよいでしょう

業務データが作りやすいという伝説のレコンポーザ(なんとDOS!!)なんてもっと手に入りません()

単純なデータを作ろうと思うと苦労するのが今の時代

逆にMIDIとオーディオの境がわからない有機的な音楽制作ができるのが今の時代

お仕事で音楽制作する人の場合、こういった業務用データを作ることがあるかもしれません

そんな時は新OSでなんとかしようと思わず中古をガンガン狙っていきましょう!

MIDIデータの作成ならスペックなんてさほど必要としません
状態の良い中古PCを狙う方が面倒ごとに巻き込まれずさっとデータ制作できますよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です