Monterey12.3とiPadOS15.4新機能MacとiPad間をひとつのマウス、キーボードで動かせるってどういうことか検証してみた!(ショート動画あり)

いよいよ本格的になってきたMontereyとiPadOS

まずはiPadOSの進化をみていきましょう

iPadOSはiOSと異なる進化を遂げていることがよくわかる内容ですね

iPad Pro専用のオフラインで時間を教えてくれる機能は便利そうかも?
どちらかというとApple Watchに欲しいかもw

最大の機能はユニバーサルコントロール項目

ここに「1組のマウスとキーボード」でiPadとMacを両方操作可能

テキストの入力やドラッグ&ドロップをiPad、Macどちら側からでも可能

と記載があります

これが今回の本題なわけです♪


実際にショート動画でみるとわかりやすい

上記のようにMacBook側のトラックパッドでiPad側にマウスポインタがシフトしているのがわかると思います!

双方異なるOSが動いているけれど、MacとiPadを近づけるとこのように行き来できるようになるわけです♪

さらに、ファイルをドラッグ&ドロップできるので、いちいちAirDropや物理ドライブ経由で送る必要がなくなったという

この快適さはAppleだけの技術という感じで素晴らしいです💡


使い方例

iPadOSとmacOSは独立して動かしたい
だけれどふたつのOS間でデータのやりとりをしたり、マウスやキーボードをふたつ持ち歩きたくない

上記の理由で使おうと考えている人にとってはマストすぎる機能‼️

逆にMacのサブディスプレイとして動作して欲しいとなった場合はMacでがっつりお仕事したい時😊

今回のアップデートによってふたつのスタイルが考えられるようになりました

その1 外出先ではiPadのみにする

外出先でiPad
室内ではMac

この組み合わせは強いです


作り上げたデータはMacの側によせてデータをドラッグ&ドロップ
Macから持ち出したいデータをドラッグ&ドロップ
これらを特に毎回設定することなく、MacにiPadを近づけるだけで実現できるのだから最強です!


フットワークの軽さもさることながら、iPad AirもついにM1チップを搭載したことによりiPadOSという形のタブレット形式なPCを持ち運んでいるようなものだったりと脅威😳

その2 外出先でiPad+MacBook

MacBookのキーボードとトラックパッドを使ってiPadを動作させることにより、iPadにキーボードとトラックパッドをつける必要がなくなります]

つまりiPad自体の薄さと重さだけで済むようになり、キーボードケースをつけたときのような重たく分厚い状態を回避できるのです💡


誰かとやり取りする際はApple PencilでさらさらとiPadに描き提示
細かいデータはMacで作成し、それをドラッグ&ドロップでiPadに表示させるなんてことも!

さらにiPadをサブ画面として使えるので一人で作業をする時は画面不足にならない♪

ここにきてiPadとMacBook両方を持ち出すという選択肢が現れたのです❣️


新しい環境

さて、こういった端末の進化に伴い新しい環境が生まれてくることになりました

MacBookとiPadのみあれば、どこでもお仕事できるという脅威

もう据え置く必要がないのです!

凄まじい勢いでMacとiPadの性能が進化していき、気づけばどちらもM1チップ

違いはタブレット特化OSかPC特化OSかだけ

この二つをミックスして使えばできることがすごく増えるんです!

一度この環境に慣れてしまうと他の似た選択肢が存在しないため、唯一無二すぎることに気づくことでしょう😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です