BIC WiMAX解約の仕方と2年使用感想+おすすめモバイルWiFi

BIC WiMAX解約の仕方

WiMAXはかなりいろいろな会社が展開していますのでご注意!

今回はBIC WiMAXの解約方法を記載します♪

公式の解約Q&Aはこちら

簡単にいえば解約の仕方は二種類

・上記より解約書類をDLして郵送
・042-310-3710(有料電話)に電話して解約

今回は042-310-3710に電話して解約をお願いしてみました💡

電話での解約の場合は即日解約可能

つまり今日電話したら今日の利用をもって日割り計算で解約できるということです♪

その日解約は23:59まで端末利用可能

ルーターおよびSIMは返却必要なし、そのまま破棄してくださいとのこと

契約解除料は2年契約、3年契約のどちらで何ヶ月使っていたかで変わります

「満了月の末日」又は「更新月」を除き解約・料金プラン変更をした場合は9,500円がかかりますと記載がありますが

実際には10000円以上解約費用をとられました()

※3年プランの解除金額について、最初の13ヶ月は19000円、25ヶ月目までは14000円、26ヶ月以降は9500円、契約満了月のみ0円

ちなみに請求は翌月か翌々月になるとのこと

新プランでも相変わらず縛りプランは残ったままですが、WiMAXは後述する通信環境問題のため、期間条件なしがおすすめで、それでも4050円(LTEモードを一度でも使うと1005円加算される)+端末アシストプラン500円+ユニバーサルサービス料3円=月額利用料5558円かかります()

また、端末保証やら様々なサービスを足していると上記プラスアルファの金額になりますので注意

さて、解約の仕方は簡単ですが、WiMAXを使われる際のポイントを記載


WiMAX2年使用してみて

3年縛りプランだとLTEモード¥1050が無料になるとのことと、当時の情報ではWiMAXが一番モバイルルーターではまともと聞いて契約したのですが2年2ヶ月ジャストでやめることにしました()

2年2ヶ月未満だと解約違約金がめちゃくちゃ高いため我慢して2年2ヶ月つかったほどです(2年2ヶ月超えると解除料金¥9500)

解約の決め手はとにかく移動中に使えないことです

モバイルルーターとはまさしく移動中に使うようなものなのにまったく使えないのです😳


UQ WiMAX系の弱点

いったい何が問題なのか見ていきましょう

・LTEモードじゃないと地下では確実に電波を拾わないのでLTEオプション必須
・都市部以外での移動も同様にLTEモードじゃないと電波0
・山間部や村落あたりになってくるとLTEモードですらツイッターも見れないほど低速
・FTPを使ってサーバへのアップロードができない
・直近3日間の使用容量合計が10GB以上になると18-2時まで1Mbps未満に落ちる
・IPアドレス固定不可能
・通信速度は都市により激しくことなる 早くなることはほとんどない

ここまで書くとお気づきかと思いますが、移動用のルーターとしてはなんにも役に立ってないです()

それなのに3年縛りですら毎月6000円近く支払うことになります😱

だったら普通に3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のほうでデータ通信量増やしたほうがどこでも無難に繋がりますよ…

高速バスの隣の席の人がYoutubeの動画とか見てると凹みますw

人によってはそれでも便利と感じるかもしれませんがDTM+Youtubeデータアップ+SNS+ブログ+WEBサイト更新をする使い方には向いてませんでした

フリーWiFiならWEBサイト更新できるのでなんか悲しすぎます😭


気になる利用量

色々できないことが多く結局1日0.18GBくらいになりましたw

10GB1日で消費してしまうのはDTMの音源DLかビデオ通話した時でしょうか

どれもこれも滅多になく、それなら使いたいときだけ大容量プリペイドできるSIMカード使ったほうが早いというのが結論です↘️


まとめ

モバイルデータ通信はプリペイドかレンタルが無難かつ安上がり

これに尽きます😇

端末代抜きで月々6000円近く払ってるって、年間72000円も支払うってことです😱

回線状況がよく本当に使い放題ならまだしも、制約ありまくりでこの金額は納得いきません

なにせ、超安定使い放題の固定回線より高いですからね()

これからモバイルWiFiルーターを検討中の方、ぜひご参考に♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です