2021年、急に謎メーカーになったApogeeについて(Symphony Desktop 1.2について情報あり)

Symphony Desktopは迷走しっぱなし

まず、2020年に出したものの全然本来の性能を発揮できない未完成なままの状態で2021年12月まで放置した件


2021年12月に対応するという1.2の詳細みてみます?⏬


Release 1.2 Features

PHASE I Now Available | December 2021

Pultec EQP-1A on Hardware DSP

Pultec MEQ-5 on Hardware DSP

Apogee Channel FX plugin wrapper available on every Optical Input with full functionality and all 3 workflows.

PHASE II Coming Soon

Device Control integration (this includes the Direct button) in Logic Pro X

Additional Apogee plugins running in the Apogee Channel FX plugin wrapper with full functionality and all 3 workflows:

ModEQ 6

ModComp

Opto-3A

Complete control for Optical Inputs on the Touchscreen Display.


フェーズ

フェーズ1と2で誤魔化すのやめてあげて!?

重要なのはLogicのダイレクトボタンでしょ?😭

確かにフェーズ1は出たよ?

いや、そうじゃなくて()


Duet 3

Duet 3は2021年の目玉になるはずだった…

けども…値段が落ち着かない()

今はDockなしで80300円くらい
コンデンサーマイク無料つけるよキャンペーンしてますが、そんなことするくらいなら値引きかDock標準付属を…

ちなみに別売りDockは149ドルです

合わせると10万円超えます()

とですね…RMEが買えちゃうんですよ😇

Duet 3が成功するにはDuet 2のように5-6万円あたりの価格しかないと思われます

決して悪い製品ではないのだけれど、価格変動が激しすぎる
リリースまもないというのに値上げしたりとか謎すぎます()


Apogee製品のブレブレ感

フラッグシップともいえるSymphonyシリーズがすべってしまい、打開するための機能をつけられないまま発売から年単位すぎるのはよろしくない

Duet 3は発売タイミングが悪かったとしか()

せめてSymphony Desktopに1.2の機能がついている状態で発売とし、その前にDuet 3を発売すべきではなかったのだろうか?

物は悪くないのだけど、販売戦略において比較対象になりがちなRMEに負けてしまった感が半端ない()


打開するには?

Apogeeが打開するには、価格orSymphony Desktopがフル機能版になって音楽制作陣が評価することにあるとしか

ここで新製品がでても?になりますし思い切るしかないかなと

それと、待たせまくってる既存Symphony Desktopユーザーをもっと大切にした方が良いかと

あとから買う勢へのサービスはしても既存持ち勢へのサービスはしない

このあたりを反転させないとこのまま消え去ってしまいそうなくらいRMEが2年連続進撃してしまったのです😭

UCX IIなんか納期未定でも待つ人いますし、この勢いに対抗しないと…!


というわけで、がんばれApogeeの巻でした‼️

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です