目の奥が痛くなる人に試してほしい簡単な対策方法

目の奥が痛い

頭痛というか目の奥のほうが痛いってなったことありませんか?

片側性でズキズキと脈打つような拍動性の片頭痛という可能性もあるので必ず一度は病院でみてもらうこと前提として…

この目の奥が痛いというのは最終的に痛くて何もできなくなったり、吐き気を伴ったり日常生活を困難にするやっかいなもの😓

まず目の酷使をやめるところから始めたいところですが、日常生活とはそういったことができないものだったりしますよね😱

そこで3つの組み合わせによる処方される薬以外で効果ある予防をお勧めします♪


1・目薬

これは常備必須💡

疲れたなと思ったら使う癖をつけておくとGOOD


2・ブルーライトカットメガネ

PCなどの画面をよく見る人や深夜働く人にお勧めしたいのがこれ♪

上記のような条件下なら50パーセントカットもあり!

デイリーには20パーセントカットあたりかなと

特に深夜から朝の光を見るのは心的苦痛があるもの
これを防いでくれるのもありがたい💡

50パーセントカットだと朝の風景は夕方の風景に見えます❣️

弱点もあります
コロナ時期のため、マスク着用だとメガネが曇る(曇り対策加工をブルーライトカットに付与することはできないらしい)

これは曇り止めペーパーでなんとかなります

もうひとつの弱点はレンズの厚み

どうであれ裸眼ではなくレンズを通しています
レンズの厚みがあればその分視野の雰囲気が変わり疲れますし、レンズ外から入ってくる光は当然ブルーライトカットされていないため、気になり出すと逆に疲れます😓

そんなときは思い切ってブルーライトカットメガネを外してしまいましょう💡
メガネ着用することが気にならなくなったらまた装着すればよし♪


3・首元を温める

これ最強かも?

冬ならネックウォーマーを屋内外問わず装着

暖かい部屋でも首元は不思議と室外気温とリンクして冷えます😓
なのでネックウォーマーは着用しっぱなしをおすすめしたい!

春から秋にかけてはストール


暑くなったらすぐはずせてコンパクトにしまえるというのが利点

ストールはユニセックスなので着こなしさえ上手なら男女問わずありあり👍🏻

マフラーは置き忘れやしまいにくさが弱点ではありますが真冬ならありかも?


3点セット組み合わせがお勧め

以上の3点を使ってみてください💡

とにかく首肩を一瞬たりとも冷やさないこと
お風呂に入ったらすぐネックウォーマー着用くらいの勢いはあってよいし寝る時も案外肩首はお布団から出やすいので着用したままがあり👍🏻

これらにより風邪など病気になりにくくなったりもします💡

夏でも冬でも関係なしに肩首は冷えるもの
そして目はいつも酷使されている

この点をしっかりカバーすることで毎日を元気に過ごせますよ😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です