DTM機材を買うならここ2022年決定版

DTM機材はどこで買うのがよい?

単刀直入に言うと島村楽器ですね←

島村楽器は定価販売が基本

その代わり現地ショップ購入だと、実質値引きとしてアクセサリーなどが無料でついたりします
もちろん、交渉しなければいけませんがw

そこがすごいのではなく、ここの会員になっておくと…?

故障した時、全国の島村楽器どこででも持ち込んで修理受付可能+送料無料+修理代数十%オフなんです😳

これが大きい!

良い機材を購入するほど島村楽器といいたくなりますw


サウンドハウス

ネットではサウンドハウスが有名

それはもう太古の時代からw

サウンドハウスが安い理由は並行輸入品であることが多い

並行輸入とは個人輸入とほぼ変わらず、サポートはそのメーカーと直でとってね的なもの

DTM製品は海外ものが多いため、直となると最低でも英語でのメールやりとりが必須

このことをわからず安さだけでサウンドハウスを選ぶのは危険キマワリないのです!

サウンドハウスで良いと思うものはサウンドハウスが手掛ける自社製品のすべて

ケーブル類は特に安い+すぐ壊れるという条件がつきますが、それでも音楽を始めてみたいけどケーブルにお金をかけるのはちょっと…みたいな方にはありがたいかと♪


その他は?

その他はどうなのかというお話ですが、基本的に現地ショップで視聴や購入ができ、ショップ対応が良いようであれば大体OKです

Protools HDXを取り扱うお店はだいたいプロも利用していることが多いため、比較的安心できるかなと


名称であげるなら宮地楽器やRock Onカンパニーあたりですね

さらに分類を広げるとビンテージに強い〜などとなっていきます

ビンテージを扱うショップはそのショップでサポート終了品を修理できるお店を選ぶこと

まちがっても近場のリサイクルショップを選ばないように😇

また、業務用となるともはや日本に一桁しかない貴重な専用業社にまかせることになります
もちろんメンテナンス費用や修理費用は高いのですが、そういったことにしっかりお金を払っているのがレコーディングスタジオだったりするのです

決して個人で持つべきではない機材を購入しようとする場合、メンテナンスと修理がどうなるのかルートをしっかり把握しないといけない点に要注意です


適材適所

このように、音楽機材を購入する際、完璧なショップというものはあるようでありません

適材適所という形で

その機材がどこの国で販売されているもので、いくらのものなのか

このことを意識し、安いものや消耗品なら買い直し、高いものならメンテナンスや修理特化という風にショップを使い分けるのがコツです💡


まとめ

DTM機材は海外製品が多い

基本的に音楽機材のサポートはあってないようなもの

このことは意識してほしいです

そしてそれに対して不満を言わないように

音楽機材で大衆向け製品はやはり対してよいものではありません

音楽は身近なものですが、音楽機材という観点からは身近ではないもの

これらはDAWやソフトシンセにだって適応されます

ボタンひとつでご飯が炊ける的な世界ではないので、今後もこのことは変わらないでしょう

自分がなにをしたくて、どのような機材が必要なのかわからない時はココナラみたいなところでその手のプロに聞いてみるという手もありだと思いますよ♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です