Windowsで音楽制作するならStudio Oneをオススメする理由

Windowsでの音楽制作

歌ってみた、ミックスしてみた、作曲、編曲などなど音楽の楽しみ方はたくさんあります♪

さて、それらを本格的に形に仕上げようと思うとやっぱりパソコンが必要になるのが現状

パソコンはざっくり分けると

・クリエイター向けのMac

・世の中で一番普及しているWindows

の二択

今回はWindowsに焦点を当ててみたいと思います♪


WindowsならStudio One一択

Windowsをお持ちならまず下記のStudio One Prime♪

こちらから無料版をダウンロードできますよ♪

無料ながら下記の機能をフル提供💡

  • 完全なフリーソフトウェア!時間制限もありません
  • 無制限のオーディオ/MIDIトラック数
  • 32Bit浮動小数点演算のオーディオ・エンジンを搭載
  • コンテンツ・ブラウザー
  • Presenceサンプラー(ベーシックなコンテンツを収録)
  • マルチトラックでのMIDIおよびオーディオ編集
  • 高度なオートメーション
  • Control link(高度なMIDIマッピング・システム)
  • リアルタイムのタイムストレッチ
  • 9種類のエフェクト・プラグイン
  • インストゥルメントとドラム・エディター
  • ドラムとメロディのパターンによるパターンベースのアレンジ機能
  • WAV/AIFF/MP3のサポート

これがどれだけすごいことかわかりにくいかもしれませんが、他のDAWで無料版だと大抵あちこち制限まみれでまともに使うことすらままならない感じになります😓


作曲に必要な一通りの音色が揃っている

この無料版Studio One、太っ腹で無料ながらだいたいの楽器が入っており、いろんな音楽ジャンルを作ることができます♪

ただし、弱点もあります😳

それは、音色がチープ😱

これは無料だからというより、有料になっても変わらず、Studio Oneのソフトシンセがしょぼいというより音質がしょぼいという言い方が正しいです👍🏻

ソフトシンセそのものはなかなか高機能なパラメータが用意されており、単品売りのソフトシンセより良い側面もあるくらい♪

このあたりは、Studio One ArtistにアップグレードしてAU、VST2、VST3プラグインおよびReWireのサポートを可能にするアドオンを追加するか、最上位版であるStudio One ProfessionalへアップグレードしてKOMPLETEを追加するなどした方がよいかなと👍🏻


無料版使ってると欲しくなるもの

1位

Studio One Professional

2位

KOMPLETE(音色の大幅追加、エフェクトの大幅追加の決定版)

3位

Melodyne EDITOR

この3つが揃えばもう何もいらないレベルです💡


よし、DTM機材集めるぞ

Studio Oneを作っているメーカー純正でフルセット(Studio One Artist付き)があるのでこれだけで十分♪

それ以上先の世界は音楽機材沼ですw

純正品でトラブルが起きることは少ないですしセッティングもしやすい点が良いです♪


実はプロも使ってる

Studio Oneを使っているプロ、結構多いですよ💡

プライベートレコーディングスタジオに入ってることもあったり

直感性が高く、DAW自体の音質が良く、プロが必要とする機能を余すことなく標準装備

この観点から、Windowsでの音楽制作のお供としてStudio Oneがほぼ頂点に君臨することになりました♪

比較的新しい位置付けのDAWですが、DAWシェアをひっくりかえすほどの業界異端児だったりするのです👍🏻


まとめ

まずは無料版を使ってみましょう♪

それで相性がよければ機材セット版を購入、さらに追求したいならProfessionalへアップグレードすれば良いのです♪

ぜひこの機会にお家で楽しく音楽生活してみましょう♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です