大風量ドライヤーVS熱風ドライヤー

大風量ドライヤーVS熱風ドライヤー

大風量ドライヤーと熱風ドライヤーどちらがよいのか悩んだことありませんか?

今回はこの二つに焦点をあてていきます♪


大風量ドライヤー

大風量ドライヤーの利点は熱ではなく風により髪の毛を乾かすことにあります

大風量により、頭皮までしっかり乾燥させることができる上に熱による髪へのダメージが最小限であることがメリットです

デメリットとしては風が強いため、整えながら乾かすといった使い方ができないことと、弱風で熱風が強くなるわけではなく、弱風といってもそれなりの風量なためセットしにくいことです


熱風ドライヤー

高温がでるドライヤーのメリットはなんといってもすぐに乾くことにより髪のセットも容易であることです

デメリットは風量より熱風であることにより髪へのダメージは拭えない点です
セットしながら整えていく際、髪がパサついていくのがわかると思います


騒音問題

大風量ドライヤーは騒音がなかなかにうるさいことと物理的に大きくなりがちなのがやっかい

熱風ドライヤーは小型なものもあり、持ち運びに便利💡


 どちらがよいのか?

いろいろな美容師さんのテクニックを見ていると、コームの使い方次第かなというのが答えです💡

そもそも髪型はブロウの段階でかなり決まってきます

手早く動かせるなら大風量の方が効率がよく、じっくり形を作り込むなら熱風の方がセットしやすいといったところでしょうか?

ただ、髪の毛が痛まないという点において大風量にアドバンテージがあると思います💡

ちなみに、どれだけコンディショナーやワックスを工夫したとしても熱風によるダメージは避けられないように感じます

ブロウとセットの仕方をしっかり極めることを集中してみて、その結果大風量にするか熱風にするか決めるのがオススメです😊

大風量ドライヤー↓

熱風ドライヤー↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です