高速バス事情2022年9月、またしても変化するの巻

高速バス2022年9月の変化

まさに半月くらいの勢いで状況が変わっている高速バス

今回の大きな変化を箇条書きします!

・アルコール消毒は再び自主的に変更(バス入口に設置)
・ついにブランケット復活(昼行、夜行ともに冷房は激寒なのでこれ大切)
・鍛冶屋橋駐車場はひとひとひと+熱気で体臭地獄(コロナ的には怖)
・基本どの時間帯も満員
・運休は目撃しない
・地方側もバス停で列ができる
・最安値は下記より1000円-1500円くらい上がりがち


4列ならワイドを選ぶべし

4列ワイドとスタンダードというものがあり、ワイドは少し席間隔が前後に広いのです
また、ワイドタイプは隣の人との間にしきい板があったりすることもあります
確実にあるのはWILLERという会社自体が運行している4列ワイド⏬

こんな感じでしきいがあり、頭を覆うカバーとネックピローっぽいものがついています♪

頭を覆うカバーはスマホが触れるくらい広め
これを使うことによってエアコンの風をガードすることもできるのでおすすめ


バス会社について

アナウンスではっきりしたんですが、たとえばWILLERというバス会社から委託を受けて別のバス会社が運行するということがあるようです

うすうすあることは気づいていましたがはっきりアナウンスしているのを聞いたのは初めて😳

逆に誠実感あると思いましたし、運航する際のバス会社の人の名前をアナウンスし、「もし気分が悪いお手洗いに行きたいときは休憩場所以外でもお気軽に声がけください」と😳

今まで聞いたことのないアナウンスにびっくりしました

委託されたバス会社のバスっていわゆる普通の高速バスってイメージで、上に書いたようなしきいがあるとかはありません

運航状況についても逐次アナウンスが入ったりと価格に釣り合わないくらい丁寧

むしろここまでいくと指名できるシステムとかでいくらか金額アップしてでも乗りたいくらいは思えます!


台風

台風直撃みたいな日にも乗りましたが、これは昨今の災害に備え「万が一対応」が発生します

それは高速バスそのものだけではなく、都内高速道路だと冠水により通行止めになります

地下鉄は以外と運行していたりしますが、地上を走る電車、空を飛ぶ飛行機は運休または減便となります

行けないかもはまだまし

帰れないかもは最悪です

とかくそんな状況だとホテルやらも満室となる可能性があるためすべてにおいて先手を取らないといけません

コロナによって深夜空いている場所がかなり減り、コンビニイートイン封鎖により待機すらもできない状況

「いつものことでしょ」と思っても交通機関は以前にまして過剰反応していることを忘れずに


まとめ

高速バスはコロナ全盛のような状況ではありません

ライブに向かう、行ってきた、ディズニーUSJなどに向かう、行ってきた人で溢れかえっているため少しでも体調がすぐれない時は乗るべきではないと思います

かといって、乗らないことが正しいわけではありません

体調万全と感染予防を心がけて楽しんでいくのがよいでしょう💡

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です