悲報 Duet3プロモしまくりのApogeeはユーザーの信頼を裏切ったままな件

Duet 3のプロモーションがえぐい

新発売されたApogee Duet 3

えぐい勢いでさまざまなクリエイターを巻き込んでプロモしています…

別にDuet 3自体が悪いわけではありません

が、Duet 3の販売方法はブレブレ
別売り品を無料でつけてきたり、価格変動しまくりで最初に買った人の気持ちを蔑ろにするスタンスはいつもの()

製品は悪くありませんが、これを買うならサポート、性能、将来性、音質すべてを兼ね備えたRMEの独壇場とだけいっておきます


戦犯はSymphony Desktop


性能、音質などDuet 3を上回りながらも売れない子

なぜならば…まだ未完成だからです😇

2020年に未完で発売し、2022年7月時点未完成
売り文句のひとつであるLogicダイレクトボタン未搭載、プラグインパラメータをタッチスクリーンでコントロールが未だ不可、MIDI端子が未だ使えない

発売年に修正してきたとしても…なのに2年越しで修正ならず
挙句の果てに発売してから値段設定ぐちゃぐちゃ、ACFX別売りプラグインを発売から少したって期間限定で無料セットにしたり

そして少し前はQuartet (Duetよりインプット数が多いモデル)より価格を落としたりしてました()


失墜

既存ユーザーへの信頼失墜

これがApogeeの印象です

これを拭うには既存ユーザーへの手厚いサポートが必要

メインとなるはずであったSymphony Desktopを完成させること

それが出来ないのであれば、きっとこの先もトラブルが続く会社イメージがつきます


これからこのメーカーを選ぶ人へ

音質は問題ありません

現在最上位音であるSymphony mkIIやSymphony Desktopは当然買いといえるもの

Duet 3も他のメーカーの同価格帯と比較したら一位をとれるレベルでしょう

ですが、上記のようなサポート体制であることが問題

よほどの覚悟がないと選べないと思われます…

既存Apogeeユーザー離れはもう過ぎ去ったレベルです

コアなApogeeファンだった人ですら離れてしまったという…


もし選ぶのならばタイミングが重要

このメーカーのWEBサイトが色々ヒントを与えてくれています

現行品のアップデート頻度が高まれば買い時

今のように放置して新製品プッシュしまくる時期は危険

このメーカーの次世代機待ちでもよいかもしれません

メーカーへの期待度はまだありますが、未完成品を完成させてくることと次世代機次第と見るのがおすすめです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です