USB-Cでの音声データは今の所音質変化しないことが判明?

USBオーディオ

USBオーディオの世界ではオーディオ用USBケーブルなるものが存在します

ついにオヤイデ電気からもUSB A-Cケーブルが登場しました!

USBケーブルを変えると音質が変わるかというお話について、USB-AからAまたはBの場合たしかに変化します

が、不思議なことにこのようなオーディオ用USBケーブルに100均一のUSB A to C変換アダプタを繋げても音質が変わらないのです😳


さらにつっこむと、Apple純正USBA to Cアダプタも音質変化ありません


どちらかというとUSB-C端子関係については、製品によって転送速度のばらつきがひどかったり、Apple純正USB-C to Aアダプタがないと認識しないことがあったり…

音質どうこうという観点は皆無

「普通」のUSBケーブルであれば上記の通りで間違いないと思われます


問題のあるケーブル

よくあるあるなのが、製品についてきた純正USBケーブル

これがよろしくなく、認識できなかったり、転送速度がでなかったり、音質が悪かったり

USBオーディオの世界なら初代Babyface付属USBケーブルはガチで音が悪いです()

転送速度や認識率についてはHDD/SDD外付けケース付属品に多いです

ケーブルだけ別メーカーのものに変えたら認識したり転送速度が売り文句通りになったりします😓


よくわからないケーブル

モニタについてくる純正ケーブル以外を使うとアラートがモニタに出てくるという謎仕様ケーブルがあります

モニタについては付属HDMIを使わない場合もでてきたりと…


まとめ

よほど問題のあるUSBケーブルじゃない限り、音声劣化、速度低下、認識不可は起きないと思われます

ただし、速度についてはケーブルごとに若干の差異がありました

ということは音質も?

USB-Cは構造的に音質が変化しない、C端子の構造上オーディオ用ケーブルが作れないといった話がありOYAIDEもそのことについて触れていました

が、USB C to AケーブルがOYAIDEから発売されたことを考えるとなにかしらあるような気がしてしまいますねw

今の所、CケーブルがまともなものであればOKと考えるべきでしょう

難しいことを考えたくない場合はC to Cで接続してしまうのが一番かも

引き続きのんびりチェックしていきたいと思っています♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です