半導体不足やコロナ渦による流通混乱で個人持ち最強オーディオインターフェイスが高音転売になってしまった😭

半導体不足や流通混乱による音楽機材への影響

まずこちらをみてください


その価格は¥300,000超え😳

もはや、ちょっとしたマルチチャンネル入力可能ハイエンドオーディオインターフェイス買えそう…

しかもすごい勢いでネットショップから販売停止していくという…

この機材に限ったことではなく、AVID MTRXシリーズは全滅
取り扱ってすらいない()

仮に取り扱いのあるお店を見たとしても現時点で半年以上〜未定での予約になってしまうらしいのです😳


売れないものは在庫たんまり()


もう、みればわかりますかね…

Symphony Desktopでやらかしてブランド名を一気に落としたApogeeさんの新作Duet 3です

これは在庫余りどころかおまけつけまくりの叩き売りみたいになってますね…

Duet 2時代まではRMEと戦っていた唯一のメーカーなのに…


転売の横行が音楽機材に及ぶ

本当ピンポイントに狙われているようですが、ガチの人気新機材だけ定価以上になっています😓

少しでも人気度がなければ、上述したRMEのオーディオインターフェイスですら手に入る状態

本来、この時代においてそこまで音楽機材が売れるわけではありませんからね…


良い物だけを適正価格で買おう

さて、このような状況ですが、妥協はまったくもってお金の無駄遣いです

欲しい製品が適正価格で出回るまでは温存しておくべきか、未定でも予約するべきでしょう

どうしても焦って欲しいとかなら、代替品数千円クオリティのもので十分OKです


まとめ

まさか音楽業界の機材まで飛び火するとは…
驚きを隠せませんが、安定供給されるまで待つのが吉です

オーディオインターフェイスに鍵ってですが、数千円のものなら大体満足できますし、ボーカルの録音とヘッドフォン主体なら下記がおすすめ


入力音も納得出来るし、イヤフォン端子がマイク本体にあり、マイク本体にゲイン調整がついているためテイク録りするとき便利ですよ💡

出力する機材はあとからいくらでも良い物に変えればよいですが、入力する機材に関しては録音した時の音質イコールになってしまいます

録音品質だけは落とさないようしっかりお金をかけるか、超ゴージャスなマイクを利用できるちゃんとしたレコーディングスタジオを利用しましょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です