MacBook VS iPad 2021前半戦

MacBook VS iPad

まずMacBook系譜の価格が少し落ちてきたこと

一時期はポーンと¥200,000近くまで跳ね上がり高級機へと変貌してしまいましたからね😓

それより前だとAirなら¥100,000切ってました

いまは切るまではいかないけれどかなり価格落ちしてるのに¥600,000クラスのMacBookPro 16インチに近い能力を持ってるという…😓

一方iPadは?

無印は¥38,280からという脅威😳

スペック比較できるのかという観点は何をするかで違いますが…


何をするのかが重要

簡単なワードエクセル編集、凝ったスライドショー、メール返信、SNS、ネット、写メ撮りから編集、凝った短い動画、このワードプレスの編集などもはやiPadでできることはいっぱい😳

むしろ上記の内容はすべてiPadのが素早く凝ったことができるという…w

一方MacBook系では本格的な動画編集、音楽制作、超重たいエクセル書類といったガチ系作業は独壇場💡
逆にこれらのような内容をしない人にとってMacBook系である必要はないともいえます

このような内容にはちょっと前ならなかった
まだiPadとMacBookは使い分けがはっきりしていた

いつの間にかここまで切迫してきているのです😳

AppleがCatalina以降からiPadをサブ画面に出来たりiPadOSのアプリをMac上で動かせてデータやりとりも簡単になるなどしかけてきたのはほんと凄いと思いました❣️


今後はどうなる?

確実にMacBookの機能拡張としてiPadがいる状態でしょう

Apple Pencil操れる人にとっては最強のクリエイティビティを発揮するiPad
そのApple PencilはMacBookのサブ画面としてiPadで利用することで使える

向かうところ敵なし状態な気がしてなりません😳


まとめ

最初に導入するならiPad

クリエイティブなことをもっとしたくなったらMacBookを足す

これが最適解じゃないでしょうか👍🏻

いつの間にかMacBookとiPadの関係が変わってきている2021年

今年も何がおきるのか楽しみですね😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です