次世代DTMはVR? KORGよりVR型DTM2021に登場(動画あり)

まずはこちらをご覧ください

そう、まさかのDTMが仮想空間上で行えるという😳

しかも、ハードシンセもDAWも「触れる」ワークステーションな感じ😳

ついにDTMは新たな扉を開けた感があって未来感がでてきましたね♪

その名も

「Gadget VR」

これでリアルタイム配信を最初の頃に行った人がある意味ブームの火付け役ともいえ、名を残す可能性を秘めていそうです😊


DTMにおける革新

ながらくDTMの世界では革新的な技術が登場せず、頭打ち状態

脳波による作曲演奏技術は大分前に確立しましたが雑念も拾うという問題点がw

これといって新しい形、新しい音がなく、復刻版ラッシュを続けるというオチ

もちろんKORGも2021年新製品ラインナップにアナログシンセぶっこんできているのでそちら方面の展開は相変わらず続ける模様

ただ、ここにきてどのメーカーも手をつけていないVR市場へ乗り出したことは大きな第一歩といえますし、いつもチャレンジ精神旺盛なKORGらしいなと思いましたw


VRはどうなっているのか

VRの世界も日々進化をとげ、現在は無線、PCなしでも使える🔼のようなOculus Quest 2という装置がでてきました💡

謎のFACEBOOKアカウント連動必須さえなければもっと人気でそうなんですがw

コロナなど世界情勢もありズレにズレこんでますが、Appleグラス的なものも開発が進んでいるようですが、いよいよ次世代端末の普及とスマホのレガシー化が始まる時期がやってくるのかもしれませんね😊


コロナとエンタメ

コロナによりエンターテインメントは仮想空間上へシフトしているといって良いかと思います

VRが普及すればVチューバーをもっと身近に見れ、VRライブやVRオフ会が当たり前の時代がくることでしょう

この流れには早々とのっかっておきたいところで、タイミングとしてはスマホのように誰もがVRを持ちうる時代になる瞬間でしょう

その時はここのブログ主ものっかると思いますw

ただ単に作曲し続ける時代ではなく、裏方業でさえエンターテインメントを絡めることがもっとも重要な時代へとさしかかっているのです👍🏻

本ブログでは引き続きVRによるDTMを追いかけていこうと思っていますのでお楽しみに♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です