SYNTHMASTER V2.9はCatalinaで動くのか検証してみた

SYNTHMASTER とは?

SYNTHMASTER

シンセマスターした👍🏻

ではなく、そういうソフトシンセ名ですw

kv331audioというメーカーが作るソフトシンセで非常に処理が重いことでも有名


Catalinaで動かす方法

早速ですがCatalinaで動かす方法をご紹介♪

まずはこちらからログインしましょう

Your files and licenses

よりMASOSXを選択

synthmaster29macosxsetup.zip

をダウンロードします💡

あとはそのままインストールするだけ👍🏻

公式にはあまりCatalinaに対応とか大々的に表記されていないのですが、しっかり対応しておりSynthMaster2.9もSynthMaster Oneも普通に動きました♪


本当に重いプラグインなのか?

SynthMasterは確かにPCに負担をかなりかけるプラグインです

ただし、8年前くらいのCore i7搭載PCの場合の話

Core i9 Macともなるとまったく重さを感じず、ガンガン何個も立ち上げることが可能です😊

ただし、SynthMasterが出たての頃のようなクラブシーン時代ではないことと、付属プラグインがサードプラグインより優秀なLogic Proが一般層へ広がりを見せていることから、これでなければいけないという流れは変わってきてしまっています😓

2019年以降の高性能CPU選択したカスタムMacでは重さなんて感じさせないほどサクサクだということです

このプラグインは重いみたいなのは正直DTM界隈ではほぼ無く、明らかに最近のPCがDTMに対してオーバースペックという状況なのです😓


まとめ

ということで、SynthMaster V2.9はサクサクCatalinaで動くという結論でした💡

どんな人向けかというと非常に難しいソフトシンセですが、ある種の万能性があり、デジタルでクリア系な音ってイメージが割とでる印象です

重厚感のある音質が得意ではないのでそのあたりは別のソフトシンセで補うのが吉ですよ👍🏻


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です