肉体労働に必要なサポーターですら痛みが取れない関節痛は治る?

体を使うハードな仕事に必要なもの

体を使うお仕事ってしたことなかったんですが、いざしてみると筋肉痛なんかより大問題になるのが関節痛😭

とにかく痛いくて動かせない
腰に至ってはクラッシュしそうになる勢い()

仕事中および仕事後のの痛みを軽減するものとして効果が高かったのは各種サポーターでした💡

サポーターの中でもとくに効果が高かったものは腰とひざ👍🏻

腕サポーターはほんのり効く感じかな?

ただ、これらを使っても疲労が軽減するだけで蓄積はされるという()


蓄積されるとどうなるか

マッサージ屋さんに行ければギリギリ持ちこたえる気がしますが、いかなければどこかの段階で必ず身体がクラッシュすると思います😱

エンタメ関係のお仕事でたくさんのお客さんに接客していたころ、肉体労働系のお客さんがよく入院していたり休職しているってお話を伺ったことがありますが、ほんとその意味がよくわかりますし、疲労は怪我や事故のもとになるのだと実感しました…

改めて毎日肉体労働されている方、いつもご苦労様です🕊

関節に溜まった疲労は徐々に悪化していき、ひざの場合だと歩行困難に陥ります😇


治す方法

ある日、呼び出しがかかり、働いた分の金額を現金精算したいと
何事かと思ってみれば、コロナで一旦業務を止めるような感じになりそうとのこと

まさしくコロナ大打撃により、肉体酷使するお仕事自体崩壊してしまい、会社ごとどこかに消えてしまいました()

かくして幸か不幸か、コロナによって肉体崩壊する前に仕事が消えてしまったため、仕事によって生じた関節痛は一ヶ月かけて徐々に治っていきました💡

ただ、治るのに一ヶ月近くかかりましたので、治すために休職するならそれくらい必要と考えたほうがよいかもしれません

肉体労働で働いていた時に食べ物として絶大な効果があったのは鶏むね肉

とにかく摂取した日としなかった日では劇的に痛みが違います😳
摂取した日は翌日まだ労働できるぞくらいに回復するんです💡

他に肉体酷使したことある仕事といえばダンスをしていた時なんですが、
ノンストップで7時間8時間踊るなんてことはありえないですからね
ダンス=肉体労働と思ってた時期はカロリーメイトと炭酸水あれば余裕くらいに思ってましたw

ガチの肉体労働を7〜8時間する場合、食生活をかなり意識しないと身体を壊してしまいます😱

また、カロリー消費も半端ないため、食事代が普段の倍近くかかることも忘れずに😓

食べないと動くこともできないですし、なんなら食べ損なった日はバテて仕事中に動けなくなります()

食事に関して異なる観点から重要性を知ったのは良い体験でしたし、作家のようなデスクワークではない仕事の世界を覗くことができたのも良い体験でした♪

いろんなことを知ると、より一層いろんな人と接する時の話題につながります

経験に勝るものはないので、選り好みせずいろんな職業経験しておくとコロナのような大天災時でも経験を活かすことができますよ♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です