WAVESプラグインおすすめしない理由

WAVESとは?

WAVESとはDTMにおけるプラグインメーカーとして有名「だった」会社


WAVESってすごいの?

元がかなり高額設定なため90パーセントオフなんてやろうものならすごいお得に感じるかもしれませんが、全然ですよ?()

↑ WAVES ウェーブス / Mercury + Studio Classicsは1,089,000円

すごかったのは、ProtoolsというDAWが全盛期時代のこと

それも20年近く前の話で、2010年あたりからはUAD-2が台頭

そのUAD-2も今や微妙な立ち位置へとシフト


今どうなってるの?

今のオーディオインターフェイスは大抵DSPと呼ばれるPCのチップに依存しないPCのCPUみたいなのがくっついていて、そちら側でエフェクトを処理するとノン負荷でレコーディングできたりミックスできたりします💡

それプラスそもそもPCのCPUが性能良すぎてDSPはほんと要らない子になりつつあります


なんでWAVESは流行ったのか?

もともとWAVESはProtoolsのDSPチップで動くことにこそ価値があるというポジションで広くレコーディングスタジオに愛されたエフェクト群💡
今でこそ凄まじいスペックのPCやスマホが出てますが、WAVESが流行った頃のPCはiPhone11にすらまったく敵わないくらいしょぼいスペックPCの頃の話

さらにProtoolsを作るAVIDという会社がHDXという新たなDSPを引っ張り出してきて規格をガラリと変えてきたため、WAVESは独自のDSPチップを作りそちらを使ってねとAVIDとお別れ宣言してしまったのです

そのシステム名は「DiGiGrid」

この名前を知らなかったらもうWAVESとはさよならでよいかもw

そもそもレコーディングスタジオは時間制であることが基本

レコーディング後ミックスするわけですが、使い手に潤沢な予算がない場合レコーディングで余った時間をミックスに回す感じになります

と、時間勝負となるためとりあえずかけとけばそれなりの雰囲気になるでしょ的なごまかしエフェクト群こそWAVESの正体なのです👍🏻


WAVESは買い?

2020年にWAVES買うっていうのはさすがに過去の栄光情報に踊らされすぎです()

そもそもそれっぽくかかってくれる=最高ではない=どうしようもないミックス

になりがちです()

現状DAW標準付属エフェクトのが優れ始めているような時代
下手にエフェクトで他社製を買うのはオススメできない時代に突入しているのです💡


音楽制作の仕事でWAVES使ってる?

まぁ、ほんとびっくりするくらい使いませんねw

エラーは多いしVer違い混在が複雑だしどうでも良い感じですw

次世代のMacシリーズのときに真っ先にアンインストール確定しているといっても差し支えなく、ここのところWAVESプラグインは一回も起動していないです😇

たまにWAVES使ってるんだろうなーって人のデータ聴くとやっぱ音がWAVESらしい音で破綻してるんですよ
それを綺麗に戻すのは不可能なわけで、データもらうならノンエフェクトパラデータ、人に渡す時ステムってパターン最近あるあるです←

ましてやDigiGridを買おうなどと論外すぎるというか()
UAD-2すら要らないと思っているので…w

下手にDSPに頼るとそのあともそのシステムを引きずることになり、せっかくスマートな音楽制作環境になりつつあるのにまた外付けが増えるのは勘弁()

と、まあこんなところです

似たようなもので例えるならドラム

一時期作家の間で流行ったXLN Audio Addictive Drums2

今や空気みたいになってます

こいつ、もはや立ち上げもしない😇

そもそも作家の間で流行った理由は短い期間でデモ楽曲提出する際ミックスを省略したいからですw

今や、Logic Pro XのDMDがすごすぎたりDrummerがすごすぎたりみたいな時代

それより前におー!?と思ったのは

IK Multimedia/MODO DRUM ですね


今求められるのは美しい音

音圧合戦が映像メディア側の基準によりオワコン化していくと当然マスタリングで音圧あげあげごまかしオートツールなんてものはオワコン

結局原点に戻り、ガチ整音や破壊を繰り返し美しいサウンドに整えていく必要があるのです💡

音圧の低い楽曲というのはショボイのではなくダイナミクスが豊かでより音楽的であるということ👍🏻

逆にそれを潰してダイナミクスしらんぷりしてた頃がおかしかったんです←

こういったことが最近ちらっと聞くミックス師さん挫折の理由のひとつにもなっているような気がしなくもないですね


まとめ

これからDTMでミックスしようと思ってる人、音圧という概念を捨ててダイナミクスを100パーセント操れるようにトレーニングしましょう♪

基本はPanとボリューム

このふたつだけで最低一年は格闘してほしい👍🏻

EQなんぞ触るのは随分先のことです←

Windows勢なら多少面倒でも無料でいけるとこまでいけるBandLab

Mac勢ならGarageBandからのLogicでFIX

ネットで変な知識つけるより美しい音楽を聴いた方がためになりますよ👍🏻

ちなみに美しい音楽を聴こうとするとマスタリングで音圧稼いでいない頃のCDが現状もっとも安価に手に入る無圧縮オーディオリファレンスです💡

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です