Youtubeの規定音量通りにするとびっくりする波形に!? リミッターオワコンへ

まずこの歌を聴いてみてください!
歌入り

この歌、iPhoneで聴いてもパソコンで聴いても多分それなりの音量で聴こえてません?

実は…

↑この曲の波形見るとこんな感じなんです!
恐ろしく音小さいのがお分かりでしょうか!!!
実はこの曲マスターにリミッター1dBくらい引っ掛けてるだけなんです!
むしろリミッターなんてなくて良かったんですw

こういうのや

こういうのいりませんwww

ミックスが上手くならないと今後DTM生き残れないですよ!

マスタリングで音圧アゲアゲごまかしミックスしてるそこのあなた!

大変だぞい!

どういうことかって
実際にマスタリングでガンガン音圧あげたこちらの曲を聴いてみましょう。

次にミックスのみのを聴いてみましょう。
(マスタリングをかけないこと想定ですこしバランスの違うミックスしてます)

如何でしょう?
どちらが好みかあるにはあるんですが、明らかにマスタリングのは
潰れたまま音は大きくならず聴こえていて、ミックスのは細かい音量差が捉えやすいですね。
もはや、音圧は必要がない。

このことはこれらの動画の評価で今後実証されて行くことでしょう。
リスナーがどう聴いているか検証していきたいので
皆さん是非良いと思った方にいいねしてみてくださいね!
ところで何を基準にミックスしていると思いますか?

必要なのはこちら。
ラウドネス測定ツールです。

DAWによっては標準搭載しているものもあります。
DTMer的には具体的な調整方法が知りたいですよね?
それはまた後ほどの記事にて!?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です