Apple MacBookシリーズが再びMagSafe化したけどどうなの? 検証結果

MacBook系の電源供給


MacBookシリーズがUSB-Cのみになったとき、上記のような製品が登場しました

いわゆるMagSafe化するものですね💡

ですが、よほどな使い方をしない限りわざわざ1ポート潰してまでMagSafe化する必要はないという結論でした

というのも頻繁に取り外しを行うノートブックにおいて、毎回同じ場所から給電する必要はないのです

Proタイプともなると左と右両方にThunderbolt3端子があるため、給電方向を毎回変えることができます

このこと+専用ケーブルではなく汎用USB-Cケーブル(充電とデータ転送両方できるものが吉)なほうが自由度は高いという印象です

新型MacBookシリーズはMagSafe化しましたが、MagSafeは左固定


その人の扱い方次第ではありますが、専用ケーブルが必要なMagSafeよりUSB-Cケーブルのが取り回しが良いという印象です

ちなみに外出用のMacBookがUSB-C給電によることで破損が起きたことはありません


このケーブルの外出用が別途必要かも


難点が多いわけでありませんが、持ち物がひとつ増えるという点が難点でしょうか?

純正を自宅、上記のようなものを持ち歩き用にというふうに

MagSafe自体の利便性が高いのは確かですが、MacBookを落下させる危険性のある場所に設置する人に対してメリットがあり、USB-CでもMagSafe化できる点から、さほど重要な機能ではないかもしれません


まとめ

結論としてはさほど気にしなくて良いです

MagSafe機能がついたことによってUSB-C給電できなくなったわけでもないですし、
そのあたりは気にせず充電ケーブルを右にも左にもさせるようにしたいかで
MacBookPro(左右2ポート合計4ポート)かMacBook Air(左2ポート)を選択すると良いでしょう💡

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です