IK Multimediaプラグインを使う時の注意事項とは?

IK Multimediaのプラグインといえば?

今やプラグインメーカーとして上位メーカーになったIK

メーカーイメージとしては下記のようなものです

・エフェクト
高品質な実機シミュレートエフェクトが多い
ミックス、マスタリング(CD作成機能あり)
ギターベースエフェクトは超優秀

・ソフトシンセ
生ドラム、エレキベースのモデリングシンセが超優秀
80年代前半までのシンセサイザー再現が得意
マルチサンプラーは音色数が異様に増加しchillやEDMもあるけれど、収録音は独特であるいみあり
オーケストラ音源はとりあえず音色が揃う程度なので期待しないこと
オルガン、メロトロンのエミュレート系を持ってない人なら強い武器になる


・ARC
ARCはモニタースピーカーから流れる音質を調整するプラグイン


IKから発売されている測定マイクを利用することで、いかなる環境でも精密なモニタリング環境で制作できるすぐれものです

このように、特定分野に特化した形で展開するメーカーなのです


プラグイン全般におきうること

このメーカー、0からパラメータを調整すること前提なら最強クラスのエフェクト/ソフトシンセを提供してくれているのですが…

プリセットがやばい😱

なにがやばいかって、かなりのプリセットが音割れするんですよ…

プラグイン内のマスター部分もDAWのミキサー部分(0dB)でも😓

なので使い方としては、プリセットから行くなら好きな音してるのを見つけてプラグインのミキサー部分やVol(Gain)あたりは徹底的に見直すこと!

これらをしっかりしていればめちゃくちゃ良い音質で鳴ってくれるのです!

IKは基本プリセット読み込みよりパラメータ操作して使うものと考えておくとよいかも?

さらさらと書いていますが、ミキシングにある程度慣れていないと??になりますし、音楽制作に慣れていない人ほど良い機材を必要とします

機材に依存するなんて音楽じゃないと言っている人は必ず音楽制作をやめることになります

機材買うのを躊躇うなら、レコーディングスタジオに一度で良いから入ってみてください
音に対する考え方や聴き方が違うことに気づかない限り、ここに書いていることは?のままになってしまうのです


2022/5/2まで

追記情報ですが、IK Multimedia全プラグインセットとなる「Total Studio 3.5」が3月まで50パーセントオフでしたが、なぜか少し間を開けてから5月2日まで最大約67%オフとなっています😳

値引きタイミングがまったく謎なメーカーなので、ブラックフライデーのみのチャンスではないことを覚えておき、過去最大何%まで値引きしたかをメモしておくことをおすすめします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です