2020年5月発売MacBook Pro 13インチはDTM向きか検証してみた♪

2020年5月発売MacBook Proのすごいところ

えっと…たくさんあるので箇条書きしますねw

escキーが物理キーになった

MacBook Pro 16インチがesc物理キーとなり神がかっていたところついに13インチにも来たかと♪

ほんとタッチバーと一緒に表示されるescタッチは致命的なほどNG

なにがってタッチバーがフリーズしたらescキーを使うショートカット系が使えなくなります😱

今回のMacBook Pro 13インチの物理escキー採用はどう考えてもアドバンテージ高すぎです💡

シザーキーボードになった

2019年のMacBook Pro 13インチのキータッチはペタペタ感
めちゃくちゃきになるというほどでもないですが、打鍵を弱めに軽やかに叩かないといかんせん指への反動が大きい😓

今回のMacBook Pro 13インチはこの面でも改善されているので優秀ですね♪


さて、ここまでは誰もがわかる2019年モデルより向上する部分


ここから先はDTMに関係した部分のご紹介💡

メモリが最大32GBまで選べるようになった

DTMで必要なメモリは趣味レベルで8GB
作曲関係の業務用で16GB

ただし、90トラックも扱ってるとかだとさすがに32GBのほうが安定しますし、フリーズトラックを使わずに済みます👍🏻

64GBいるかというと要らない気がしますが最高のDTM環境としては32GBという感じで、選択できるようになったことは素晴らしい💡

第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)が選べるようになった

これは本当すごい😳

Core i7自体は2019年モデルでも載せられますが、2.3GHzかつ最新CPUというところが素晴らしい💡

DTM的にはここがMAX値くらいのレベルです👍🏻

そもそも数年前のCore i7 でも十分動きますからね😓

ストレージ容量が増えた

Thunderbolt 4Port版MacBook Proの最低SSD容量は512GB

DTM的にはなんら問題なく、その他の事務作業合わせても支障ないかも?

ただし、ガチでソフトシンセ入れまくると8TB欲しくなる病にかかるので、その際はMacBook Pro 16インチ一択💡

ちなみに8TBのSSD自体ほとんど出回っていないため、Apple純正のがコスパよかったりします😳


2019年7月発売MacBook Pro 13インチとの比較

2019年7月発売MacBook Pro 13インチとの比較をすると、上記を見ても分かる通り完璧にブラッシュアップされているため、今回の2020年5月発売モデルは決定打になるクオリティです💡

もしくはMacBook Airの検討をやめて2019年7月発売MacBook Pro 13インチという手も💡

住み分けできたかのように見えたAirですが、ここにきてまた微妙な立場になってしまいましたね😓

とはいえ、2019年7月発売モデルはサイクルが短かったためさほど世の中に出回っていない可能性もあります!

なので、まだ在庫を抱えているショップが安めに販売してくれるかもしれませんので狙いどきです💡


DTMとMacBook Pro 13インチ

16インチは神DTMマシンと化しましたが、今回の2020年5月発売13インチも半神モデルです👍🏻

SSDが8TB選べたら16インチじゃなくて良いかも?
むしろ、16インチではデカすぎる感あるので13インチをオススメしたいかも💡

MacBook Pro 13インチは持ち運ぶのに最適なサイズ💡
カバンにすっと入る丁度良い大きさ😊

15インチや16インチは専用のカバンがいるかもみたいなサイズです😓

クラブDJのお供にするとしてもスペースの大きくないクラブハウスでは13インチのほうがアドバンテージ高いです💡

そもそも、商業作家あたりにならない限り今回の2020年5月発売MacBook Pro 13インチはクラブDJのお供に、ライブのお供に、どこでも曲作りのお供に、だいたい賄えてしまう気がします😊

やたら重いオーケストラ音源やら使うような系統じゃない限り十分なスペック💡

今後MacBook Pro 13インチが発売されて気になることがあるとするなら、CPUがApple製になる時かなと思います
iPhoneと同じ系統のCPUになった時、おそらくプラグイン周りもアプリもいろいろ仕組みが一新しそうですからね

そういった意味ではインテルCPU最終Thunderbolt4Port MacBook Pro 13インチとしてDTMの名機になる予感💖

とにかく買って損はしないですしApple純正DAWであるLogic Pro XとLogic Proを推奨する仲良し会社Apogeeの Duet さえ持っておけばほぼ無敵でしょう💕


まとめ

今回のMacBook Pro 13インチに欠点があるとするならOSがCatalinaになってしまうことくらい😳

安定したDTM的にはMojaveなんですよね…

ただ、ようやく今年春に、ある程度各種プラグインがCatalina対応してきた感じなのでiOS系統との完全統合前によるOSとしてもインテルMacとしても激変する前の安定機種になりそうな気配ではあります👍🏻

ちなみにこれからDTMを始めようって人ならCatalinaで動くものしか使わないはずなので問題ないですよ💡

そして最後に、Thunderboltは必ず4Portタイプを選んでください!!
2portはガチで後悔しますよ()

ご参考になれば幸いです😊

公式アップルサイトはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です