トラベル抱き枕 エアータイプを使ってみたレビュー

そのまんまですが上記の抱き枕エアータイプを使ってみました!
まず郵便物として届くほど薄い小さい!
重さもないですね!
さすがエアー。

早速開封してみると
静電気防止に白い粉がまぶしてあると書いてありましたが衣服につくほどではないです。

ほかに穴が空いた時用のシールが一枚入ってました!

そんなに構造的に複雑なものではなくただ膨らませるだけ。
ただ、ここが最大の難所。
パンパンに膨らませるには相当空気を入れないといけません。
10分くらいかけて半分近く膨らませましたが疲れますねw

シュラフに入れて使ってみたんですが、7割入れただけでもシュラフが結構パンパンw
寝返りがかなりきつい。できなくもないですがw

結局半分くらいまで空気を抜いて使いました。
ちょうど足を重ねるとギリギリ足と足の間が浮くくらい。
空気を上半身側に集めれば十分心地よくなります。
が、なんとなくシュラフで使うには大きすぎますね。
2サイズダウンしたものでパンパンに入れて使えるようなもののが良いかなと思いました。

横寝をするときは抱き枕を枕の代わりにもしたりしますが、
空気の入れ方次第なのでなんとも言えず。
さらにパンパンじゃないと空気が中で移動して形が変わるため安定感がないです。
そういう点では枕は別にあったほうがよい気がします。

片付け編

空気をぬくだけなんですが…。
これまた抜くのに5分以上はかかります。
なかなか空気が抜けないんです。
相当急いでいる時には膨らまして使えない気がしますw

綿などの抱き枕と違い使っているうちに小さくなっていくことはないですが抱き心地は空気感が強くまさにプールの浮き輪にしがみついているようなものです。

この商品に合う無地のカバーを探しているんですがなかなかないですw

トラベル用としてはどうしても抱き枕がほしいときには◉
常用も○
たまに使用やお急ぎのときは×
ですね。
発想がとても良い商品なので抱き枕としてさらなるサイズバリエーション展開をしてもらえたら嬉しいです♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です