レコーディング機材再検討 どうなる8260A!? 再びスピーカー探しへ

この後に及んでまたスタジオのスピーカーで悩むというオチ。

とにかくGENELEC 8260Aの批評が真っ二つ。
アーティストさん関係からは絶賛されることが多いんですが
エンジニアさんからは大抵ディスられます。(´・ω・`)
確かにコイツを鳴らすにはそれなりの広さが必要だったり
するんですが、それ以前に音像が独特というか。
人によってはMSP5のが作り易いなんてパターンがあるくらいです。(ー_ー;)

Musikelectronic Geithain RL906 はやはり色んなエンジニアさんが使用されているようで
いまはこの製品より

インド発 Sonodyne SM100Akがエンジニアさん達のなかでオススメなのだとか。(>_<)

知らないうちに変わって行くもんですねぇ…。
ちょうどRL906か8260Aにするかで悩んでいた時期から
それなりに経ってますもんね。
如何せん悔しいので8260Aは一度オタリテックさんに見てもらおうと
思ってます。(T-T)
とりあえず売って〜みたいな会話が続くので
SM100Ak導入してみようかな…。
ちなみに個人的にも現状の8260Aの状態は勘違いし易い音に感じます。
こいつでMIXしてると良い感じな気がするんですが、
SONY MDR-CD900STで聞いてみるとアレレな感じに。
ヘッドフォンで補正しながらかA7Xの音を思い出しながら
ミックスしてるのでやはり!?
いやいや、セッティングの問題だと信じたい。(笑)

まずはオタリテックへ。
ダメなら見た目重視で残してエンジニア向けな機材を少しずつ揃えて行く。
…。
または最悪売却か?! いや買い手いるんかいな…。
うーむ…。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です