Windows8 インストール使用感想と ボーカロイド3ソフトウェア起動確認

ちょっと前にWindows8へアップグレードしてみました♪
たまたま1200円でのアップグレード対象機種だったので、今回はマイクロソフトWEBから
Internet経由にてアップグレード。その際OSバックアップディスクを別途注文し、
合計送料込¥3,209になりました。
さて、インストールは無事終了。
ミーハー心を満たす機能満載で、確かにタッチしてみたくなるGUIです!
アップグレードした手持ちのPCは非タッチモデルなので、
もちろんタッチしても何も起きませんでした。(笑)
店頭に並んでいる8インストール済みタッチモデルで試してみたところ、
タブレットに向いたGUIであることを感じました。
タイル型はボタン型のような押し心地がないのでどうかなと
思っていましたが、ペーパーライクというか軽く動作する印象を
感じさせますね。
色使いも、淡くカジュアルになり、楽しい気分になります。
iPhoneなんかにある下から上にキャラが動いていくゲームの
プリインストールを試してみましたが、もはやスマフォと変わらない感じ。
いよいよ、PCソフトにもタッチ動作を取り入れたソフトウェアが
出てくるのですね。アプリ開発魂に火が付きそうです。(^_^;)
少し気になったのは、機種毎のタッチ画面感度などです。
解像度もマチマチだったりするでしょうし、このあたりは
ユーザーにとってどこまでが触りやすいのか、
制作サイドとしては各仕様がどれほど違うのか。
店頭で触りながらそんなことを考えていました。

入れていたソフトウェアは、
Office 2007
ボーカロイド3
Finale 2011
だったんですが、
各種無事起動できました。
MacのPPCからインテルへのシフトのような
バッサリ切り捨てるような感じはないので、
GUIが好きになれれば移行は簡単そうです。

スタートメニューの撤廃、電源オフの場所等直観性が失われている部分も
あるのは事実ですが、インタラクティブ性を考えるならば
過去のWindows OSからみると革新的と言えます。
もちろん過去のWindowsシリーズでもタッチパネル対応はしていたのですが、
タッチペンなしにはなかなか触りづらいものでした。
今回は指で触れるGUI。各ソフトウェアが今後どういった対応をしてくるのかが
ポイントですね。
楽しみです♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です