Windows VistaのバックアップとHDD換装


True Image 11 HomeというバックアップやHDD換装時にドライブ(OS含む)+パーティション内容ごと
バックアップできるツールがVista32/64bitに対応しているのを
きっかけにようやく音楽制作のおとも、事務ノートPCのHDDを換装してみることに。
HDDはWD2500BEVE (250GB 9.5mm)

こいつをSOTEC WAに取り付けてみることに。
HDDに内容をコピーするためにはノートだとどうしても外付けドライブが必要。

というわけで安価な玄人志向の2.5HDD SATAタイプをチョイス。
こいつはUSB二本を挿して電源供給をパワーアップさせるタイプで
ACはついていない。
まずはTrue Imageを使ってユーティリティを起動。
あとはそのままVISTAの入っているドライブを指定、その後移動先HDDを
指定するだけで自動でパーティションを合わせてくれる。
もちろんカスタムも可能なのだけど、なぜかカスタムではデータ移行完了寸前で
画面ブラック。
自動で進めることでうまくデータ移動できた♪
換装作業はこんな感じ。
Image050.jpg
+ドライバーさえあればなんなく換装は可能☆
とにかくHDD容量が前の3倍以上になって快適に。
3.5HDDは1TBでも1万で買える時代。
2.5HDDはSATA2規格がでたり7200rpmもあったり容量も300GB以上のものでも
1万ほど。
あまりの安さにCD、DVD、Blue Rayメディアを買うとき、どうせならHDDでと
思ってしまうほど。
とにもかくにも、True Imageはかなり重宝しそう。
体験版では実際に手持ちパソコンでちゃんと動くか検証+バックアップもできるし
なかなか親切なソフト。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です