reFX Nexus2導入 使用感想。

http://refx.com/home/
もう一か月以上たってますが、reFXのNexus2をようやく導入しました♪

ハードシンセ Access Virus TI2という手もなくはないのですが、
やっぱりハードはおなか一杯という。^^;
さて、
VANGUARDも素晴らしい出来ですが、
Nexus2はある種PCM音源としてのパラメータエディットも豊富で、
マルチ音源として相当使えます。
標準でリバーブやディレイがかかってる音色が多いですが、
reFX製品は基本音作りしてナンボなうえに音作りのしやすい適度なパラメータと
触りやすい配置のお蔭でとても効率的です。
Nexus2の音色は存在感あるというよりは影から支えるようなサウンドが中心。
当然といえばそれまでですが基本的にVANGUARDとは違います。
ハードシンセでいうところのパフォーマンスモード時のマルチ音源の質感という感じ。
ただ、どの音色もクラブチューンとして混ざりやすいもので
Nexus2がただのPCM音源でないことをヒシヒシと感じます。
ちなみに購入して数日後に
海外からパッケージとドングル、インストールディスクが送られてきますが

eLicenserをすでに持っていれば、
インストールして使用すること自体は購入当日から可能。
製品のDLもできてしまうというわけです。
後々パッケージだけきたのがなんだか変な感じでしたが、
所有感は湧きますね♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です