brotherのプリンタでインクがでなくなったときの対処方法(自己責任)

brotherのプリンタ、互換インクを使って印刷し続けていると…。
ついに印刷できなくなりました。
しかも二台。
一台目はインクが充填されないというエラー。
二台目はエラーは出ないけれどインクは出ず。
どちらも最初に黄色が出なくなりました。(^_^;A
意外に黄色って使うんですよね。
相当な数の互換インクを使ったので元は十分にとれています。
互換インクが悪いのか検証してないですが
今の使い方だと半年〜1年で1台インクトラブルが起きるので
買い替えもちょっともったいないかなと。

純正インクが最初についてくることを考えると
買い替えが一番スマートなんですけれど…。(ー_ー;)

買い替えはプリンタ機能やインクの型番などが大幅に追加されたらとし、
今回は自力で修理を試みました。
参考にされる場合、
このまま復旧できず壊れてもいいやくらいの気持ちですのでくれぐれも自己責任でお願いします。

正直これひとつで十分というのが結論。
ワンコインで直せます。
あとは数時間プリンタにつきっきりになれるかですね。
色んなタイプでてますが、洗浄液とスポイトのみでOK。
brotherはとくに簡単なようで、
インクカートリッジを取り外す
プリンタの電源を切る(コンセント抜く)
スポイトに1〜2.5ml洗浄液を入れる
プリンタのカートリッジを差し込む部分の穴にスポイトを差す。
液をゆっくり入れる(強くいれると壊れる可能性)。
入りにくい場合は一度引いてまた押す。
液を入れて1〜2分後スポイトを引いて液をプリンタから抜き取る
スポイトを清掃
液を入れ替え再度カートリッジ差し込み口を清掃
(2-3回程度でよさそう)
清掃完了後、洗浄液が蒸発するまでまつ(1時間以上あけてみました)
プリンタの電源を入れてインクカートリッジ装着
ヘッドクリーニングを色がでるまで繰り返す
※あまり回数が多いとプリンタが痛む原因になるらしいです
出ない色をベタ塗(例えばCMYKのC100でその他0とか)状態にした
画像を用意し、色がでるまで印刷を繰り返す。
これで二台ともなんと復活しました♪
ネット上ではこの方法は意味がないとか
効果があるとか様々でしたが、
無事色がでて一安心。
とはいえ、プリンタに負担のかかる方法と思われます。
何度プリントしても直る兆しが掴み難いため
緊急時の手法としてはNGです。
あくまで直ったらいいなー程度で
プリンタに時間を費やせるときに。

洗浄液部分は数分〜数十分ですが
プリント時間は何時間といきましたので、
次故障したら買い替えかなーと。(^_^;A
再三となりますが本記事内容を試すのは完全自己責任でお願いします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です