SONAR X2 Windows7へインストールと使用感想


SONAR X2 いつの間にかアップグレード販売していたんですね。
いつもだとアップグレードのアナウンスが来るんですが…。(^_^;)
とりあえず、インターネットのRoland BRIDGE(旧MyRoland)から購入。
X1Exからなので代引き11,602円でした。
発送はとても迅速で、翌々日に届きました♪
Digital Performer8は、未だ入荷予定メールすらこないですが…。
さて、早速インストール編へ。
ディスクは全部で4枚+VC64(32bit用)1枚で計5枚
Expandedからのアップグレードだと、
ディスク1と2しか必要ありません。
ディスク1が本体なので、まずはこちらをインストール。
インストール完了後、SONARを立ち上げないまま、
ディスク2をインストール。
最後にディスク1に戻してQuick Fixフォルダのアップデータをインストール。
これで完了です。
インストールガイド本がとても丁寧なので、迷うことはないと思われます。(^^)
新機能含め簡単な操作で制作工程を説明した基本操作ガイドは
分かりやすさだけではなく、オーディオ信号の専門的な部分を図解でしっかり説明。
まるでヤマハの音響機器マニュアル並!?
丁寧で好感がもてます。国内サポートする気をしっかり感じます。
ユーザーズガイドもこれまた分かりやすく、濃厚にまとめられています。
Xシリーズの分かりにくいパネル群をよくこれほどまとめたものだと感心感心♪
Rapture1.2.2のレジストレーションコード入力欄に文字入力が入らないのが謎ですが、
使用期限30日後に入力できるようになるのだと信じて放置。(^_^;)
その他Rapture立ち上げて、そのトラックごとデリートしたときに
聞きなれないエラーで、何かしらがWindowsプログラムにアクセスしているという趣旨の
文字が出て、OKを押すとクラッシュして強制終了という…。
で、クラッシュ内容をCakewalkに送信しますかというLogicでよく見るあれが
出てきました。(^_^;)
ざっと触ってみたところ、
X1よりはサクサクしているかなという印象。
ノート入力もしやすいです。
が、ペロシティ濃淡があまりに分かりにくい。濃淡なしに見えるくらい…。
クリップビューはたしかに扱いやすくなった。
が、クリップの長さを短くして、戻そうとすると、元の長さより短いところで
止まってしまう。何度も戻せばもとには戻るんですけどね。
D-Pro 1.5はディスク3に収録されていますが、SONAR X1 EXと同じらしく
インストールは省く形になりました。
さて、肝心のR-MIX。
これはヤバい!!!


YUIの曲取り込んで実験してみたんですが、
マジでかなりボーカル消えますね。
SONARの説明書にもイレーサーツールとして、またはギターソロだけを
抜き出したりして練習にお使い頂けますと書いてあるわけで。
直観的な操作が基本となってるし、凄い技術だ!!
抜き出しもDJライクに混ぜるなら全然きにならないのではないかと。
さらに、ピックアップした音のゲインを上げたり…。
ノイズ除去もあるじゃないですか。
このソフト、単品でも売ってますが、かなり買いですね…。
X1Exと比べるとようやく洗練を意識しはじめたというところで、
まだまだショートカットも利便性はよくないのですが、
Xシリーズの向かう方向性はヒシヒシと感じました。
バグが色々ありそうなので、早急なアップデータを待ち望んでいます。
以上ファーストインプレッションでした!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です