Shadow[オリジナル][初音ミク][白昼夢Rock][秋] 1コーラス試聴版+フル歌詞


Title Shadow 1コーラス版
Vocal 初音ミク
lyrics ES
Compose&Arr TAKUYA
秋晴れの空は清々しいはずなのに儚い
早々と暗くなる世界、早々と帰る人々…。
繰り返し冷たい風が攫っていくのは…。
Autumn had hideously bereaved him and winter already was taking from him one whom he dearly loved.
・Shadow
空の色が(淡く)融けていくたびに
喧噪が恋しくなる
風の音が(強く)鳴り響くたびに
心の瘡蓋がはがされてく
気がつけば胸には穴があき
ひどく重い藍色が飛沫あげ感情を染める
君を求めたくて面影を探す世界
映るものはなく
飛び散る色が不安を呼び覚ます白昼夢
そこに君はあぁ…
いっそのこと
赤くそまってしまえばいい
君の声が(響く)脳内世界に
表情が浮かばないんだ
渦巻く雨が(僕を)叩き付けるたび
君の姿がぼやけていく
手がかりの声さえ流されて
ひどく重い藍色が悲鳴あげ響きを奪う
君を思い出したくてRoopする世界に
Soundはなく
上書きされた音が心を切り裂いてく
破裂しそうな鼓動
君を求めたくて面影を探す世界
映るものはなく
飛び散る色が不安を呼び覚ます白昼夢
そこに君はあぁ…
こんなに苦しいなら
赤くそまってしまえばいい
こんなに無意味なら
消えてしまえばいいのに ねぇ…
生彩を失う僕
赤く染まる木々 ああ…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です