Logic Pro9とOSX10.6.8 v1.1にてディスクエラー発生現象と回避方法


Logic Pro 9 を OSX10.6.8で使用中に起きたディスク現象と回避方法です。
緊急モーションセンサー技術は、ハードディスクの外部からの振動からの保護機能。
こいつが作動したとアラートが出て、再生や録音が頻繁に自動停止されてしまうという難題。
一瞬そんなに共振してるのかと焦りました。^^;
冷静に考えると制作使用上ありえないこと。
そして10.6.7から10.6.8(v1.1も含め)にしてから急に起きたこと。
このあたりからほかの原因と推測。
意味もなく緊急モーションセンサーを切りたくない。
http://support.apple.com/kb/DL1400?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP
MACでディスクユーティリティをかけるのはとても怖いので、いろいろ調査。
どうも10.6.8でディスクユーティリティをかけるとエラーがみつかるだとか
再起動毎にエラーが見つかるだとか立ち上がらなくなるだとかちょっと危険な
情報がたくさん。(-_-;)
ほかに原因は?!
といろいろ考えてみると
デスクトップに直接フォルダを置いているものがあることに気付く。
その容量30GB以上!
制作案件のムービーデータやらバウンスデータが整理されずに散らかっていた…。
すべてデスクトップ以外の内蔵HDDに移し、すぐにアクセスが必要なものは
エイリアス化してデスクトップに置くことでなんと
エラーが出なくなりました!!
デスクトップは綺麗にを心がけましょう。(笑)

それと、DAW、DTM制作でサードパーティープラグイン使用の場合まだまだSnowのままがよさそうです。
当面は(半年くらい?)Snowのままになりそうです。
Lionが行けそうになり次第レポートしてみようと思います♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です