Independence Pro 2.5 クロスグレードを買ったのに2.0が届いた件 解決編

Yellow tools本家のWeb Shopから購入したIndependence Pro2.5 Crossgrade。
ようやく進展がありました♪

まずカード決済を行う会社にメールで今回の2.5を買ったのに2.0が届いたことを通知。
メーカーの連絡先を教えてもらえて、2日営業日内に返信がなければ
カード決済会社のほうからアプローチをかけてくれるということに。
supportアット宛ではなく、chアット宛がポイント。
※念のため両方に同じメール文を送っておこう。
英語で、2.5を購入したのに、2.0が届いたこと、2.5への無償アップグレード、
それにともなうシリアルとアクティペーションコードの発行を行うよう記入。
このとき、2.0のシリアルナンバーとユーザー登録情報(パスはいらない)を送っておく。
これだけで即日2.5のシリアルとアクティベーション、ユーザーログインして
ダウンロードの項目から2.5本体をDLできるようになりました☆
また、カード決済会社経由の場合、カード決済会社がメールで送ってくる
お問い合わせ番号と請求書PDF、届いたものが2.0であることの写メを
添付してカード決済会社へ問い合わせるのがポイント。
写メはもちろん箱と郵送物の名前の部分(2.0が送られて
きていることがわかる文章の箇所)の二枚が必要。
今回の件、どう考えてもYellow tools側の問題なんだけど、謝罪文や理由など
いっさいなしのメール内容でした。(汗
まぁ、海外音楽メーカーだしこんなもんかなと思っているけれども。
そうそう、仕事中これで音色にあんまり困らないかなと思ったら早速困りました。(笑)
なにがって、手持ちライブラリ全部あわせてもコーラス音色が思った以上にないこと。
もってるのはほとんどトラッド系…。
ハード音源ならそこそこ入ってるんだけど、バウンスがねぇ…。
うーむ、もうちょっと音源を探そうかと。
そんなこんなで、制作環境のパワーアップもどんどん行われています♪
音楽の制作ご依頼お待ちしてます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です