EAST WEST MAC OSX 64bit対応 play版 v3 リリースと使用感想

ついにEast West から MACOSX 64bit Play エンジンのプラグインがフリーアップデート♪
早速インストール♪
64bit Logic Pro 9 で起動。
すんなり64bit版を認識。
ただPlayのプラグイン画面内お気に入り登録が外れており、なぜか自分の環境では、
ひとつの音源の場所を指定する毎に
addボタンがバグになり連続追加できず、いちいち Logic の再起動が必要になりました。
とりあえずすべてお気に入りに入れて重たいピアノ音源をロードしてみると
さすが64bit! さくっと軽快に動きクラッシュはしなさそう。
ただ、ひとつの問題を発見。
どうも 音色を選んだあとに別の音色に変更する場合、
リプレイスボタンが効かない様子。
画面左上のロードされている音色一覧から、要らなくなった音色をデリートしてから
じゃないと再ロードできない様子。
このブログ内容はもともと32bit版では解決できていた内容なので早急な
アップデートを希望です。
とはいえ、64bitモードに対応したのは本当助かります。全然使い物にならないものではなく、
注意して使えば64bitの恩恵をしっかり受けられそうです♪
これで、オケ系の曲もメモリを気にせず気兼ねなくガンガン書けそう!!
いよいよ64bit時代突入。そういえば(アルケミーも64bit化してました)
East Westも本腰をいれてきたので、音楽制作の制限がどんどんなくなって来た!!
今後の他社メーカーの動きがとても楽しみです。
次はre-FX製品の64bit化希望(笑)

※PLAY 3.0.15のMAC OS注意事項
  ・WordBuilderが使えなくなる可能性
  ・Symphonic Orchestra Platinum Plus / Symphonic Orchestra Platinum で
   Close Mic・Suround Micが使えなくなる可能性
がメーカーから発表されています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です