AVARON AD2022 海外から譲り受けた機材を国内修理できるか?


海外のスタジオから譲り受けたAVALON AD2022、なにやら調子が悪い。
症状としては、1chのGAINが特定のところでノイジーな音になるというもの。
ある程度GAINを上げるとノイズがなくなり、音が入ってくるという現象も確認。
※しかし大きな音を拾うとノイズが発生する
が、これは確実に故障だと思い、国内取扱いメーカーに連絡。
国内serialがついていないので(製造serialはあり)正直、ダメモトな感じで連絡です。
すると、なんと修理してくれるという!!
さすがM.I.Dさん!!
本当に助かりました!!
修理手順としては、
1 M.I.Dに一報を入れる
2 宮地楽器神田店に製品を梱包して送付
3 故障確認
4 修理依頼
5 製品到着
6 支払
という感じでした。
価格はU87の定期メンテナンス代くらいでした!
5と6は支払方法により異なるようです。
1-6まで一週間ほどだったことから非常に素晴らしいサービスでした!
故障内容は、やはり1chの基盤部分。
ここの取り換えを行ったとのこと。
直ったAD2022は非常にGAINもとりやすくなり、
調整のシビアさというものは前より感じなくなりました。
もしかしたら譲り受けたときから兆候があったのかもしれません。
しかし、一般的にはどこも海外品の修理はほとんど受付できないと
記載されていますし、海外品修理はご迷惑をおかけしていると思うので
手に入りやすいハードウェアは国内品を買うのが吉です。
後から手に入れたAVALON V5はもちろん国内楽器店で買いました♪

とても良い印象のメーカー様でした♪
これからもメンテナンスで大変お世話になるのだろうと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です