Auto Tune Evo と AVOX2 へのアップグレードに潜む罠にハマった(泣


音程補正の業務ソフトといえばAuto Tune。
業界の定番だったソフトも今ではSONARのV-Vocal、Cubaseには標準でピッチ補正が
ついてしまい、このソフトが必要なDAWはLogic、Protoolsのみに。(汗
Logicではインストの制作が多かった中、急遽歌モノのピッチ補正が必要になり、
Auto tune 3でバージョンを止めていたのを久々にアップグレードすることに。
Auto-Tune Evo TDM (upgrade) $169.00
AVOX 2 Bundle Mac & PC Native (Quantity : 1) $199.00
Tax: $0.00
Total: $368.00
価格は上記のとおり。実はアップグレードはAntaressのWebからのみ行える。
AVOX2は別に購入しなくてもよいのだけど、Auto tuneのアップグレード申込時のみ、
なんだか安く購入できるので頼んでみた。

さて、落とし穴とは何かというと、なんと!!!
旧バージョンのレジストを打ちこんでクレジット支払をすればすぐ使えるようになるとのことで
制作にすぐ使用したかったのと、必要になった時間が深夜だったため、
Melodyneを購入するのをあきらめ、Auto tuneにしたという。

それが大変なことになろうとは。
なにがって、購入したときに購入して決済が終了したと英語ででていて、
そのページでEmailが届きそこにレジストレーションコードが記載されていると
書いてあるので早速WEBブラウザを閉じて待つこと数時間。
メールこないじゃん!!!!
そう、翌日になってもこなかったのだ。
おかしいと思いサポート先を探すと、カメオからイーフロンティアに代理店が
変わっていることを発見。なんてこった。サポート電話はイーフロンティアに
変更後のAutotuneにしか書いてないらしい。仕方なくWEBの問い合わせ宛
送ることに。この問い合わせ宛も、購入前しかなく購入後のサポート先メールや電話は不明。
仕方ないのでこのメールフォームに記入。
一応対応してくれたが、これが一日に一回のやりとりでしか進展しない。
電話して下さいと頼んでも、なぜかメール。
メールのやりとりは、
1日目 
時差があるので遅れる。
アップグレードのお手続きはいつ頃に?
2日目
登録時のお名前を教えて下さい。
3日目
確認しましたので、レジストレーションコードを送ります。
という内容。
まあ、3日は早いほうかもしれないけどね。
でも仕事は待ってくれないわけで。(汗
このやりとりぶっちゃけ電話一回で済みそうだし・・・。
まずユーザーにくらい電話番号を公表しろと言いたい。
代理店さんもう少し頑張れないかなぁ・・・。
※教訓 クレジット決済完了のページは印刷しておくべし!!
Autotuneのプログラムは事前にDLしてあるので
今日ようやくiLokに登録となるわけだ。
これでいちいちSONARでボーカルファイルだけ
編集しなくて済む。
というか最近何かとDL版が流行ってる。
マニュアルなんか結構な確率でPDFだし。
やっぱ箱やマニュアルは物理的に欲しいなぁと思うこのごろ。
久々のAuto tune。なんか当時と違って便利なところがあるかしら。
AVOX2はどれくらいの性能かしら。
まぁ 色々あったけどかなりワクワクしてます♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です