KOMPLETE KONTROL A25 VS M32

KOMPLETE KONTROLとは?

KOMPLETE KONTROLとはNative Instruments社が開発した機材

鍵盤の形をしており、MIDIコントローラーとしても動く

コントロールサーフェイスとしての機能も持っており、DAWの基本的な操作を行うことが可能
(再生、停止、録音などシンプルな操作のみ)

また、同社が提供するアプリ「KOMPLETE KONTROL」を使用することにより対応するVSTプラグインのパラメータが自動でノブにオートマッピングされ、オートメーションとして書き込むことができる


A25とは?

A25とはKOMPLETE KONTROLに対応した25鍵キーボード

USBバスパワー、フットペダル端子あり、鍵盤部分はフルサイズなため弾き心地はしっかりしている

少し大きいモジュレーションホイール、ピッチベンドホイール搭載
ウエイトを持たせているような感じで少し操作が重い感じ

基本片手鍵盤として考えてOK

488x89x257 mmとなかなかでかく、16インチノートPCくらいの横幅奥行きがある



M32

M32とはKOMPLETE KONTROLに対応した32鍵キーボード

USBバスパワー、フットペダル端子あり、鍵盤部分は小型で薄いためコンパクト

リボン型モジュレーションホイール、ピッチベンドホイール搭載
ピッチベンドはリボンコントロールから手を離すとセンターに戻る
リボンコントローラーの特徴である、上下連打でピッチを超可変させるなどピッチベンダーにはできないことができる

基本片手鍵盤として考えてOK

475x50x167mmと小型でマスターキーボードの上に乗せて使うことすら可能
ノートPCの手前においてもPCキーボード入力の邪魔にならないぎりぎりのサイズ



どちらが良い?

A25はしっかりした鍵盤タッチを求めるものの、片手演奏で良い人向けというニッチさ
でかめのボタンにホイールとライブやクラブなどでの使用時にミスの少なさそうなイメージ

M32の売りはコンパクトさが全て
徒歩でノートPCと一緒にギリギリ持ち運べるサイズ

ホイール部分はリボン型であるものの、独特な奏法ができる点が◉
特に不憫さは感じない

結論

据え置きならA25
持ち運びならM32

いずれにしろ、鍵盤好きさんが買うような品物ではありません

鍵盤好きさんならRD-2000+M32で確定
この組み合わせなら最小セットでKOMPLETE KONTROLを扱える

両手で演奏してみたいけれどガチ鍵盤はいらない人にもM32をおすすめ
マスターキーボードはお好きなものをチョイスして

また、外出時持ち運びもM32をおすすめ

A25は片手での鍵盤入力があれば良い人向け

この二つはこれ以上にはならないので、制作スタイルに合わせて選べばOK

逆に32鍵以上のKOMPLETE KONTROLは地雷かもしれません
それらを選ぶなら良い鍵盤やオンリーワンなシンセをM32とセットで使う方が断然あり!
サイズの小ささから気軽にキースイッチ用鍵盤として手元におけるのも良い♪


まとめ

上記の通り購入層は別

KOMPLETE KONTROLの入門機と見るより、KOMPLETE KONTROLを別のマスターキーボードに足すようなイメージがぴったり♪

ご参考になれば幸いです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です