iPadの画面を紙のような質感に変える保護フィルムはイラストを描く時どのように感じるのか検証してみた

iPadの画面に紙のようなざらつき感を加える

iPad無印版も進化しまくり、今やiPad Proじゃなくてもイラストを本格的に描くことができます💡

2021年のiPadともなると、中身の処理性能はiPhone 11 Proと一緒ですからね😳

さて、そうなってくると気になってくるのが液晶保護フィルム

光沢系ガラスフィルムだとApple Pencilが滑る滑るw


そこで上のようなものを使ってみることに💡
※借りているiPadですが許可を得てフィルム交換しました

それではまずフィルム自体のレビューからいってみましょう👍🏻


ペーパーライク保護フィルム

使用してみたのは「ペーパーライク保護フィルム」という名称で「lc-pl-ipad-102-wtd y-a0826-lc-dr-r」というもの💡

色々なものがあり、商品の移り変わりも結構あるっぽいので下記を選ぶときのポイントに‼️

・ブルーライトカットは選ばない
 せっかくイラストを描くのに色彩が変化してしまうフィルムを使うのはNGです
・反射低減
反射はするよりしない方がよさげ
ただし完全なノングレアだと見た目が荒々しくなり線の視認がしにくくなるため低減程度がよさそう
・厚みがあまりなさそうなもの
あまり厚みがあるとペンと液晶画面との間の隙間が生まれ、見た目よりちょっとズレて線を描いているように感じます
このことは特にガラス系フィルムに多いので要注意

それを踏まえて…

こちらを選択してみました💡

付属品はアルコール拭き、ヘラ、画面拭き、ゴミが付着した際のゴミ取りシールです

貼り方はこの通り背面に記載

ただ、大抵のフィルムに関してはiPadにゴミがないことを確認したら、iPadのカメラ位置とホームボタンが合う位置を見つめ、フィルムを全部剥がしてカメラとホームを一直線に結んだところに貼り付けて、観音開きのようにそっとフィルムを置いていくと綺麗に貼れます💡

上記は慣れが必要なので難しかったら、カメラ位置とホームボタンが合う位置を見つけ、カメラ位置かホームボタン位置の箇所どちらから貼るか決め、フィルムを半分剥がしてカメラ位置またはホームボタンから貼り、その状態ですっとフィルムを剥がしていくと綺麗に貼れますよ💡

どちらの方法も一瞬で行うのが、ホコリを巻き込まないコツ
ゆっくりというよりスッと置く感じ

慣れると数秒で貼れます😊


使い心地レビュー

貼り付けて思ったことはグレアではないのでやはり見た目が滲む感じは否めないこと

もうひとつは指紋がつくことですw

グレアじゃないからそれほどつかないだろうと思ったら大間違いでしたw

ある意味指紋の拭き取りはグレア系のが楽かもしれないです()

次に紙ライクな感触による抵抗

指で触るとざらざらしています
これが若干不快かもしれない😇
指で触るならグレアのツルツル感のがよさげ

さて本題!
Apple Pencilで描くと?


まさに紙の抵抗感😳

グレアフィルムのように滑っていかないのである程度のテンションをかけて描けるし、そのテンションを利用してすっと力を抜けば太い線から細い線を描くことが安易になります👍🏻

が…!?

ぶっちゃけ紙の抵抗があると描きやすいかは関係ないかも?

例えばグレアはすべすべな木の机に絵を描くとかと、似てたりするわけですよ
ガラスとかもろもろ、その素材ならではの描き方があるので必ずしも、ペーパーライクにすることが正解ではない

じゃあどっちでもよいのかというと、これまた難しい問題
どっちにもメリットがあるのです😓


結論

慣れ‼️

ですね😇

ポイントがあるとするなら

・保護フィルムの厚みがあるものは選ばない
・ブルーライトカットなど色味を変えてしまうものは選ばない
・あまりにノングレアなものは滲むのでよろしくない

この三点ですね💡

ほんと好みなので、ノートに絵を描くのが好きな人はペーパーライクなものを
イメージがつかない場合はすべすべな素材のものに、鉛筆やらで落書きしてみてください
それで描けそうだと思ったなら、厚さ薄めのグレア系フィルムがおすすめ

以上、ご参考になれば幸いです😊


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です