久しぶりJRRからRME Fireface UFX USB & FireWire Interface – Group Buy! 輸入購入

RME Fireface UFX USB & FireWire Interface – Group Buy!
まさかの\160,000で売ってました!!!
国内では\200,000超えるというのに…。円高すごすぎます。

前回JRRで896MK3買ったとき\100,000くらいで
今JRRで896MK3は\70,000くらいに…。
MOTU製品は全体的に衝撃特価すぎます。
日本よりどの商品も\20,000は安いみたい。

そして新型の
Apogee Duet 2 2 IN x 4 OUT USB Audio Interface
は\45,000あたりに!!

Protoolsのハード制約も解消されたことだし、いろいろ導入していこうと思い、
MOTU / UltraLite-mk3 HybridとApogee Duet2でかなり悩みました。
いや、やっぱりMOTU製品すごいです。
インアウト量、内蔵EFX、トータルリコール機能、USBとFWのどちらもOK。
Win、Mac両方いけるとなると海外ではほとんど値段の変わらないDuet2
との比較ではパッと見圧倒的にMOTU。

それでもDuet2にしたのはAPOGEEとLogic、PTとの親和、
APOGEE音質、圧倒的な最安価格!
MOTUの音は896MK3でよく知っているため、新しいものに興味深々なのです。
Mac専用なのとブレークアウトケーブルが細いケーブルで心細いんですけどね…。
ちなみにMOTU、RME、APOGEE三社で日本での平均6万近くでの価格面として考えと
端子接続方法が多様でスマートなBabyface一択だったかもしれません。

色々考えましたが結局制作案件の増大とクオリティの要求に応えるため
RME Fireface UFXとDuet2を導入することに。
Duet2は制作作業してもらうスタッフ用に設置しておく感じになりそうです。
ちなみになんかあったら近くのApple直営店に持ち込めばよい点がサポートとしてもよさそうです♪
しかし、
RME Fireface UFXは非常に魅力的な機材です。
マッキー互換フィジコンを直接繋ぎフェーダー操作ができ、
本体に録音機能が備わる。
現在のDAWスマート化にまさに相応しい機材だと思います。
Apogee Ensembleとですごく迷った時期がありますが、
FWのみという点が今後のMACの動向的に不安なのと、
DAWスマート化と言えない点で心の中で勝負がつきました。
青白く燃えるあの見た目の演出のかっこよさはたまらないんですが…。

久々の輸入。そしてRMEもAPOGEEもどちらも最新の機器の音を聞けるという楽しみ。
気長に商品を待ちたいと思ってます♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です