ビンテージC451を修理すると?

C451Eをebayにて購入して2年。
ついに故障。

ノイズが入り続けます。
いざ修理を思いきやこれが中々難航しまして。(ー_ー;)
まず国内代理店からではなく
販売店から修理依頼が必要という。
ヒビノプロオーディオセールス Div.が代理店。
ebayで購入したビンテージなんてどうすんだ…。
こういう時に修理できる人脈があるかだなとつくづく思いました。(T-T)
たまたま? HD I/O故障ついでにC451も直してもらえないか
楽器屋さんに頼んでみたらOKが!!!
助かりました!(*´∀`*)
がしかし!?
なんと修理した結果ビンテージではなく現行モデルと同じになって
しまうことがあるのだそうな。(´・ω・`)ショボーン

U87ビンテージもそろそろメンテナンス時期だし、
レコーディングスタジオ経営は昔からの噂通り
メンテナンスにお金かかりまくる。(ー_ー;)
大規模レコーディングスタジオはもっと大変なんだろうなぁ。
考えるだけで恐ろしい。|Д`;)))
メンテナンスに出す時期も考えないといけないので
やっぱりU87にしろ現行モデルを二本持っておくほうが
安全牌か?

ビンテージより現行品のが安心できるという。
そろそろマイク探しの旅をすべき時期が来ているのか?
秋になったらマイク探しの旅をしに渋谷でもぶらつくか…。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です