SONAR X1 の保存時トラブル


SONAR X1のファイル保存中にSONAR X1終了をしてしまった場合、SONARが強制終了することがあります。
この場合、次にその曲を開こうとすると、出力先のエラーがでます(MASTERトラック関係でエラー)。
エラー表示後ファイルは開くのですが音は鳴らなくなりました。
旧SONARだと、この手のトラブルはエラーになる曲ファイルと新規の曲ファイルを同時に開き、
トラブルが起きているSONARのデータだけをコピーして、
新規の曲ファイルに張り付ければうまくいくのですが、
今回はなぜかうまくいかず。
とりあえず応急処置としてトラブルの起きている曲データをMIDIファイルで書き出して
一度SONARを再起動、MIDIファイルを読み込んでTTSで鳴らしてみようとすると…。
鳴らない!!!
上記過程でオーディオインターフェイス自体は環境設定内では正常認識されている・・・。
もしや、認識しているだけでなにかしらオーディオインターフェイスの
内部システム(物理的ではない)にトラブルが
起きているのではと思い、PCをシャットダウン、オーディオインターフェイスの
電源を入れなおして再起動。
再度該当するMIDIファイルを開いてTTSで音を鳴らしてみると…
無事鳴りました♪
どうもクラッシュした曲データを開くとオーディオインターフェイスも
うまく作動しなくなってしまう様子。
それといったエラーもでず、環境設定を見ても正常認識しているように
見えるので厄介。
ほかにもバグかいくつかあるので早期アップデータがでることを切に願います。(+_+)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です