Real Guitar、Strat、SUPERIOR DRUMMER 2.0の使用感想☆

最近新たに導入したソフトシンセ達。
前々からREAL GUITARは愛用していたけど、
7月のクリプトンキャンペーンにのっかって新規にReal Strat と Real Guitar2XLを導入してみました♪
いや、もうギター打ちが楽すぎて…。今までの細かいMIDIノート打ち込みや生ギター録音は
なんなんだといわんばかりの簡単さ。
リズムパターンとか簡単で反則すぎ!?(笑)
10年前にこんなソフトがでるとはまったく思わなかったなぁと。
そして初代Real Guitarと比べるとサンプルロードの扱い方が変わりすぐにロードされる。
いやはや、ノンストレスで素敵★


便利とはいっても当然ながらギターの構造に熟知していないとよくわからないソフトに変貌してしまうので購入で迷っている場合は要注意。

さてさて、そしてSUPERIOR DRUMMER 2.0も導入しました♪(※写真は旧バージョンのものです)
まだ発売されたばかりでお盆中のインストールとなったのだけど、これもまた
とてつもなく進化している。
各ドラム音のミックスもS2.0側のミキサーで行えばシーケンサー側でマルチトラックにしなくても
よかったり(利点は人それぞれかな)。
視覚的な画面、大容量(圧縮ファイルで収録され20GBほど)にもかかわらずロードも早い。
なかなかうまく作られているなぁと感心。
DFHはGIGA時代からおっかけてたけど、ついにここまできたかーという感じ。
このソフトもやっぱり初めてのドラムソフトとして購入しようと検討しているならちょっと難しいかなと。
ドラムのレコーディングでマイキングとか少しでもしたことがあると理解しやすいソフトです。
普通にドラムソフトとして使うのならばEZ Durmmerがよいかなー?
そういえばギガスタが64bitに対応して新しく出るみたいだけど・・・どうかなぁ。
ギガスタ全盛期だったころが懐かしいなと思うこのごろです。
さてさて、早速この3つのソフトを使って依頼された楽曲制作をしています♪
ますますクオリティが上がりましたのでより一層素敵なサウンドをお届できます。
様々な楽曲制作のご依頼お待ちしております?♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です