MacBook Pro 15,13インチ(Mid 2012) はDAW最強機か!? 理由とは?

MacBook Pro Mid 2012が結構DAW環境的に最強な気がする理由

・FW端子本体に搭載されている MID2012
TB→FW変換挟むと音質気になりますしね…。(ー_ー;)
・USB3、TBはついている MID2012
これ便利です。ぶっちゃけ拡張性高いノートで、
Mac Pro2013?に近い外部接続拡張型コンセプトなような。
TB2X2とかHDMIはないですけれども…。

上の写真は新型2013Mac book Pro
・有線LANケーブルを直接繋げる MID2012
euconやら音楽制作にはLAN接続が不可欠となりつつあります。
標準搭載は嬉しいですね。

USBポートひとつ使って有線LANというのも…。うーむ。
・メモリの換装可能 MID2012
これは拡張性だけでなく、メモリが壊れてもそこらで調達できるという点。
いちいち修理だしてたら仕事が…(>_<)
オンボードメモリとか鬼畜です。
Airもそうですが、故障したらここの部品変えてみようとか出来ず
修理出すしかないというオチで同じ機種2つ持ってないと不安に…。
そこだけがAirのネックポイントなんですが、2013最新Mac Book Proも
同様になるわけで。

写真はMac Book Pro Mid 2012で使える交換可能メモリ
・HDDの付け替え可能+光学ドライブ搭載 MID2012
実は光学ドライブ取り外してSSD+HDDなんてことも。(^_^)

写真は光学ドライブ取り付け位置にHDDをとりつけるマウントキット
新モデル、SSDは換装できそうだけれど、
Mid2012は一般的なSSDを搭載できるのが魅力的。
SSD、HDDは寿命品ですしね…。

写真は新型Mac Book Pro系のSSD。一般PC用と形状がちがいます。
何気に一台にDAWに必要な要素が集約されているモデルとなるMID2012。
まさに予想通りMac Book Pro最後のDAW最適マシンとなりそうです。
今後の移行は仕事のことを考えると、
miniかMac Proになりそうな気配。
うーん・・・
・Mac Book Proは停電しても制作続行できる
・いつでも制作環境を持ち出せる
とこが良いのですが。
Mac Proに近いニュアンスで多少厚みがあったり
重くなってもよいのでMac Book Pro拡張性の高い
モデルを出してほしいこの頃です…。
というわけで今年中はMac Book Pro 2012モデルはありでしょ!?
この記事のモデル、
15インチは
MD103xx/A
MD104xx/A

13インチは
MD101xx/A
MD102xx/A

が対象機種です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です