そろそろエナジードリンクから栄養ドリンクにシフトしてみませんか?

そもそも栄養ドリンクって?

生薬
漢方
ビタミン
アルコール – 興奮
カフェイン – 興奮、覚醒、血圧上昇
アミノ酸 – 栄養補給

上記を含むものを栄養ドリンクといっています💡

医薬品
医薬部外品
清涼飲料水

と主に3種類あり、栄養ドリンクといっても様々な種類があることがわかります


エナジードリンクって?

特徴の一つとしてタウリンが含まれず、成長ホルモンの分泌を促して筋肉増強に効果があるほか、免疫機能の向上、血流改善、生殖機能の改善が見込めるアルギニンが代わりに入っており、清涼飲料水に分類されます

また、カフェイン量が多めです😳
※海外のエナジードリンクはさらにカフェインが多く健康を害することも

エナジードリンクのポイントはこのカフェイン⏬

1時間以内に体重1kgあたり6.5mg以上摂取すると危険

これを基準に手元にあるエナジードリンクのカフェイン含有量をチェックしてみてください💡

カロリーが高めかつカフェイン中毒の可能性もある観点からエナジードリンクはオススメではありません

特にカフェイン中毒になってしまうと、少しカフェインを摂っただけで気分が悪くなったりしてしまいますし、長期(下手すると10年以上)治らなくなりコーヒーや紅茶など飲めない身体になってしまいますよ😱


栄養ドリンクはカフェインレスもある

今やカフェインレスは当たり前に手に入ります

例えば栄養ドリンク

上記はカフェインレス

医薬品または医薬部外品栄養ドリンクではカフェインレスが推奨されています💡

エナジードリンクとは真反対の道を進んでいます

このことからもカフェインが身体へプラスに働くとはあまり考えないほうが良いでしょう

今やコーヒーもカフェインレスが気軽に手に入ります

このようにカフェインの怖さをしっかり教えてくれているのにカフェインを摂取したがってしまうのは中毒性があるようにすら感じます

眠い時は眠り無理をしない

この時代、無理してカフェイン摂って病気になるような時代ではないと思うのです

特にコロナによって追い討ちをかけたたように感じます
眠い時に眠り、自然と元気になる規則正しい生活でとにかく病気になりにくい身体作りを心がけたほうが良いでしょう👍🏻

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です