ハイブリットチョロQとQステアを比較してみたり☆


ハイブリットチョロQ インサイト 購入しました☆
Qステアとの最大の違いは充電式になったこと。
単四電池は四本必要です。

オフロード版Qステアとほとんど同じ構造なもののオフロード版は単4三本だったので
微妙に違います。
インサイトチョロQ
写真の通り操作するコントローラーは一番でかくなりました。(^_^;)
これはちょっとネックなような気も。
ただ充電は本体にチョロQを固定できるようになったため、ずっと手で押し続けて
充電完了を待つ必要がなくなりました。このあたりは改良されていてよい感じです♪
操作感はQステアと変わらないです。
もっているQステアよりインサイトのモーター音は静かでシャーという軽快な音です。
ターボボタンのときはかなり加速します!!
ターボ直進、後退をさっとするとスピンして逆走させることもできたり楽しいです♪

従来のQステアとの違いは充電方式以外にもまだあります。
・改造しなくても普通のチョロQのボディを乗せ換えることが公式に可能となった。
・タイヤパーツの交換方法が少なくともインサイトとQステアシリーズではちがう。
さて、ちょっと遊びで実験してみたところ、
チャンネルをBにしてQステアのコントローラで動かしてみたところ
インサイトはちゃんと動きました。
ということはiアプリ版コントローラでも動きそうな予感☆

そういえばコースも売ってました。
これはチョロQまたはハイブリットチョロQにパーツをつけて
走らせるもので、ハイブリットチョロQでは基本的に直進ボタンとターボボタンを駆使して
レースさせるようです。いやはや、魅力的で一瞬すごく欲しくなったものの、
ここまではまるのはまずいと自主規制をかけました。(笑)
チョロQ、何歳になっても熱いです♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です